Mechanic.AcT.MOVIES


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AcT-03EX ブレイジングサバイバー:

サバイバー全ての換装パーツを合体させた真のサバイバー。
ブロウクンマグナムとか余裕で使う。必殺技はヘルアンドヘヴン。


AcT-06 セイクレッド:

主人公機。
序盤にケンーシロウと交戦の末、撃破される。


AcT-06B ブレイブセイクレッド:

ブレイブアーマーを装着した真のセイクレッド。
金色の輝きと共に約束された勝利の剣を振り下ろす究極機体。


GGXX♯R-SLAYER ガンダムイグゼクスシャープリロード・スレイヤー:

〝罪ありきギア(ギルティギア)〟シリーズの機体。
格闘に特化し、パイルバンカーの威力は凄まじい。
また、瞬間移動や超格闘能力も備えている。

〝罪ありきギア(ギルティギア)〟シリーズ:

通常の機体とは一線を画すシステムを搭載しているフィロッチェの新作。
敵機に接近していく際・敵機に攻撃を当てる際、どういう理屈か『Tゲージ』が上昇していき、最大100%まで貯蓄することが可能。また、攻撃時は『Sゲージ』も上昇。
このTゲージを使用することで様々な機能を発揮することが可能。
『覚醒必殺技』は50パーセント使用することで強力な攻撃を、『ロマンキャンセル』は攻撃を当てている最中50%使用することでどういう理屈かモーションディレイをキャンセル可能で、『デッドアングルアタック』はどういう理屈か攻撃されてる最中でも切り替えしが可能。
『フォルトレスディフェンス』は徐々にゲージを消費するが、如何なる攻撃もガードする障壁を張ることが可能になり、『ネガティブペナルティ』は暫く攻撃も接近もしないとどういうわけかゲージが0になってしまう。
『フォースロマンキャンセル』は一部の技のみに使用可能で25%の消費で攻撃を当てている最中でなくともどういうわけがロマンキャンセルが可能、『ゴールドサイク』はSゲージを3分の2消費することで使用可能、どういうわけか相手に当たればTゲージが最大となり、『ブルーサイク』はSゲージ全消費で攻撃されている状況でも切り替えしが可能、相手に当たればどういうわけかSゲージが3分の1回復する。


AcT-07F デッドルート・フィルター:

デッドルートの改修型。
どういうシステムかよく解らないがモノの壊れやすい線を見るという素敵システムが搭載されている。
主武装はナナツヤと名づけられた単分子カッター。
軍曹が負傷した際、明智が搭乗することになる。極死・明智TUEEEEEEEEE

AcT-04D-Ap ドゥームアポカリプス:

ドゥームに肥大化したバックパックに更なる大型プロペラントを連結し、戦艦並みのEN容量と耐久度を持つ。
人類史上初めての星間制圧用超大型重粒子砲を搭載し、それを運用する為に作られたと言われているトンデモ機体。
重粒子を全体の周囲で渦状に回転させる粒子加速能力を持ち、それが同時に防御手段ともなる。


AcT-01-2 アトラスセカンド:

大破したアトラスの残骸を集めて全体的な性能の向上を行った機体。
セカンドと言っても、現代の技術でアトラスを作り直しただけだったりする。

AcT-08 ガンダムヴァーミリオン:

真紅に塗られた機体。
何かエネルギーとか奪うらしい。


CW-03 クロックワーク・ブレイド:

クロックワーク三番艦。
変形するとゴルディオンスラッシャーになり、ブレイブセイクレッドの武装となる。


CW-04 クロックワーク・アックス:

クロックワーク四番艦。
変形すると斧状になり、主砲台『ジャスティスブレイカー』を放つ。
ちなみに艦長はヨン様。


ガンダムジャスタウェイ

オイチに授けられた最強機体。
巨大な核廃棄ドラム缶にシャフト二本を固定、顔を書き角をくっつけた機体。
主に投げたりアトミックバズーカに詰めたりして使う。


D-AcT-01 ゼフォンガンダム

地下帝国―――世音神殿に封印されていた機体
神秘的極まりない機体。
誰にでも動かせるが、特定の人物が乗り込むと両目が紅色から金色に…(この状態を真理の眼が開いた状態という)当初オイチが乗り込んだが、機体そのものに拒絶された。 今ではツネとヘルレイ 二人乗りだったりする


D-AcT-00 真ゼフォンガンダム

ゼフォンの真の形態、『真理の眼』が開いた時の姿
右手の光の剣は全てを両断し
左手の弓状光は全てを貫き
その声を聞いたモノは、全てが終わる
別名――――ラーゼフォンガンダム


GAT-X105N-S ストライクノワールシザース:

GAT-X105N-S2 ストライクノワールピンチ:

(画像はエールストライカー装着時)

アナザーワールドから召喚された機体。
アクタイオン・インダストリー社から横流しされたストライクノワールの試験機の改良機。
コックピット周り等、局所にしかVPS装甲が採用されていない。
パワーエクステンダーから支給されるその余剰となるエネルギーはクロードラグーンに回される。
クロードラグーンは装甲部と一体化したドラグーンシステムの一種であり、腕部に二基、腿部に二基、脛部に二基搭載されている。
このクロードラグーンは形状が洗濯鋏に類似しており、その形状がこの機体名の由来である。
クロードラグーン内部の推進ブースターユニットにより本体最大装着時の推進力はストライクフリーダムにも匹敵する。
また、通常は脛部に装着された二基のクロードラグーンを脚部ドラグーンマウントに移動することで擬似MAとしての性能を発揮する。
当然クロードラグーンは射出することが可能だが、装甲としての役割も兼ねている為射出時推進力・耐久力は多少落ちる。
また、背部にはストライカーパックも装着可能。
ノワールピンチはノワールシザースの二号機。
パイロットはそれぞれアナザーブラドー、アナザーノースブリッジ。


M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
ダガーL以降の連合系MSに標準装備される両側頭部の対空防御機関砲。バルカァン!

68mmエッジバレルガンライフル
右腰にマウントされた格闘兼射撃武装。
実弾によるライフルであり、バレルに片刃が埋め込まれている。
柄は収納可、トリガー部は変形して柄と一体化する。
腕部クロードラグーンを射出し、マニュピレーターを露出させた状態でしか扱えない。

M8F-SB1 ビームライフルショーティー
左腰にマウントされた射撃武装。
通常のビームライフルに比べ、より取り回しと連射性に重点を置いたショートバレルタイプ。
腕部クロードラグーンを射出し、マニュピレーターを露出させた状態でしか扱えない。

EQS1358 アンカーランチャー
両掌、両爪先及び踵裏に固定装備されたワイヤーアンカー。
敵への奇襲、捕獲等、様々な用途に使用される応用性の高い装備である。

IXIs "クロードラグーン"×8
超硬質クロー〝ジャバウォック〟、ビーム突撃砲一基を持つ超空間認識による遠隔攻撃ポッド。形状は洗濯鋏に酷似している。
一種の装甲としての役目も果たしており、腕部・腿部・脛部・脚部のドラグーン専用マウントに装着しエネルギー供給を果たす。
腕部にマウントしたクロードラグーンは直接格闘能力を発揮するが、マニュピュレーターを使用できなくなる。
最大まで充電した場合の航続時間は12分半であり、充電には17分近くかかる。ビーム砲一発につき航続時間は約9秒減少する。
また、防御フィールドを展開できるが消費が激しい為、基本的に本体に装着されている時にしか使えない。

プロヴィデンスストライカー:
天帝のストライカーパック。クロードラグーンの使用をひたすらに追求した為、最大十基までドラグーンをマウントすることが出来る。
大型のジェネレーターとNジャマーキャンセラーを持ち、殆ど容量の問題は解決されている。
また単体での航続能力も有しており、サブフライトシステムとしての運用も可能。しかしその場合、クロードラグーンの射出は不可となる。


ドラゴンキャリアー:

GAT-X105N-Sの支援機体。パイロットは流離の仮面サージェントことムーンロッカー・バリホンマン。
真っ赤な車型の機体であり、竜の頭部をあしらったセンサー付の魔力火砲を搭載する。
MSをその背に乗せ、地上を疾走する様は圧巻である。
ちなみに空も飛べる。終盤は頭部からドラグレッダーを召喚できるようになる。

ドルカノン
竜頭部の魔力を最大限まで解放し、守護モンスタードラグレッダーのシュートベントを放つ。
ストライクフリーダムくらいなら一発で破壊できる。

ロボコンビーム
ドラゴンキャリアー・ロボコン頭部から放たれる怪光線。
ストライクフリーダムの頭部くらいなら一発で破壊できる。
添付ファイル
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー


更新履歴
取得中です。