ツーリング車(ランドナー・スポルティーフ)

その名の通り旅をするための自転車。他の車種は「旅も」できる自転車なのに対し、こちらは「旅が」できる自転車。最初から自転車に荷物を積んで旅行をすることを想定して作られている、ちゃり部のメインの活動にはぴったりの、この上なく浪漫に満ち溢れた車種です。
一応タイヤの径によって ランドナースポルティーフ に分かれてますが、ぶっちゃけた話ツーリング車に細かい定義はないです。乗り手がツーリング車だと言えばそれはもうツーリング車。共通して言えるのはどこかレトロでクラシカルであること。
嬉しいことにじわじわと部内にも所有者が増えてきました!

メリット

「旅」をしている感、浪漫がある、渋い、おしゃれ(レトロ)、乗り心地が良い、頑丈

デメリット

やや重たい、輪行しにくいモデルもある、登りがきつい、全体的に高め

  • 良くも悪くも雰囲気を楽しむもの、性能自体はいまいち
モデルにもよるがレトロでクラシカルである以上、多少の不便がつきまといます。雰囲気、浪漫といった抽象的な要素を加味しなければモダンな自転車に劣ってしまう点が多く、積極的にレトロな自転車を選ぶ理由はなくなってしまうのです。
これが部内に所有者が少ない原因であると思われます。

  • 絶滅危惧種…?
かつてはスポーツバイクといえばランドナーなどのツーリング車だったけれど、ツーリングにMTBやクロスバイクも使われ始め、さらにはロードバイクブームが起こり、だんだんとマイノリティになっていきました。
しかし最近になってまた注目され始め、今現在いろんなメーカーが現代版ツーリング車を販売しています。
多少値は張りますがそれだけの、いやそれ以上の価値があります!

さぁツーリング車で旅をしよう!!