このプレのテーマは、「オープン戦」。西日本に本拠地を置く球団の試合を見てきました。

日程

3/5(土) 中-オ(ナゴヤ) 14:00~
3/9(水) オ-ロ(京セラ) 13:00~
3/10(木) 阪-西(甲子園) 13:00~

3/11(金) 広-巨(マツダ) 13:00~



3/5(土)~名古屋(輪行)
当初は大曽根駅で降りる予定だったところを、乗り換えが面倒という理由で名古屋駅で降りることに。ナゴヤドームまで思いのほか遠く、軽く道に迷うものの、平田のスマートフォンの力を借りて、何とか試合開始時刻に間に合う。

幸運なことに、この日の先発投手は岩瀬。一年に一度くらいまっさらなマウンドに上がらせてあげたいという落合監督の粋なはからいです。

レストランシートなる席にて観戦。2名1セットで、シーズン中(料理付き)は12,000円のところ、オープン戦(料理なし)では2人で1,000円と破格の安さでVIP気分に。


ガラス張りなので画像上部に非常口の案内が写るという怪現象。


HRかファールかを判定しやすくするために、落合監督の要望で従来の13.5mから41mに延長されたポール。異様な光景です。


3/6(日)名古屋~亀山
特に見所がないので、とりあえず名古屋城へ行くことに。


この後は、亀山をめざしひたすら走る。途中、ロードに乗った40歳くらいの人に「風よけになってあげますよ」と言われしばらく一緒に走ったものの、上りに差し掛かったところで、平田がちぎられ、フェードアウトする形で別れる。話しかけられる際に「君たち中学生か?」と言われたのは結構ショックだった。


3/7(月)亀山~大津
とりあえず国道25号の酷さたるやなかった。もはや白道以下といっても過言じゃないだろう。

とりあえず寄ってみた忍術屋敷。一言でいえばがっかりスポット。思いのほか狭く、さほど時間をつぶせずに終わりました。


その忍術屋敷からの帰り道にこんな看板を発見!
「風」という言葉の真意を探るべく行ってみるも閉まってました。残念。


琵琶湖沿いのサイクリングロードを通り、目的地である大津へ。なかなかいい道でした。

そして、この日一番の見どころである「びわこ花噴水」。外が真っ暗になってからはかなり綺麗でした。風がめちゃくちゃ強くてとにかく寒かった。






この日の晩御飯はカレー。たくさん作り、明日の朝はチーズを加えてカレーリゾットにしようという発想までは良かったものの、カレーが思いのほか薄味になってしまい、この日の晩と翌朝の食事が苦行と化したのも今となってはいい思い出。


3/8(火)大津~京都~水無瀬
苦行を終え、京都を目指す。時間の都合上、二条城と龍安寺にしか行けずじまい。せっかくだからと行ってみた和菓子屋でも、店先のわらび餅を大量に試食して何も買わないという始末。


そしてこの日は、水無瀬にある祖父母の家に泊まることに。前回会ったのが大学1年の夏、その前が小5の夏ということもあり、祖父からは、「どっちが孫かわからん」と言われてしまいました。久々の布団での睡眠は快適で、翌朝目覚めたのは9:00でした。


3/9(水)水無瀬~大阪
大阪はあまり観光する様な場所がないということで、当初はスルーする予定だった京セラドームでのオープン戦を観ることに。

投手はアンダースローでおなじみの渡辺俊介、打者は昨年のHR王のT-岡田です。


阪神からロッテに人的補償で移籍したばかりの高濱選手が出場していました。


夜は大阪で食べ歩き。
豚まん、ごま団子、たこ焼き、お好み焼き、串カツ、もつ鍋などいろいろ食べました。たぶんプレ中で一番贅沢をした日だと思います。


3/10(木)大阪~(自走)~甲子園~(輪行)~広島
野球の聖地「阪神甲子園球場」。
以前のツタで覆われてるイメージが強すぎて違和感しか感じない。


この日のスタメン。西武の日本人選手は、全員自前なのにこの豪華さ。


平日の昼間のオープン戦ということもあり、シーズン中では考えられない程に少ない阪神ファン。


フェンスが低いせいか広いはずなのにあまりそうは感じませんでした。打席に入っているのは桧山選手です。↓


3/11(金)広島
このプレでの最大の見どころである「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」。この名前が発表されたときは正直ダサいな~って思ったけど今ではなんとも思わなくなりました。慣れってすごいですね。


この日は一人プレ中の太田と合流。11:00の開場とともに、バックネット裏を陣取ることに成功しました。打球音や、ボールがキャッチャーミットに収まる音がはっきりと聞こえる!!!。臨場感半端なかったです。↓座席からの風景はこんな感じ。


選手や監督の表情がわかるので試合前の練習を見ているだけでも楽しめました。カープの練習は開場前に終わっていたようで残念でしたが...

打撃練習をする高橋由伸選手。一野球ファンとして彼には復活してもらいたいものです。


50代後半くらいの上品な女性と話すライアル選手。この女性がいったい何者なのかという話題で3人は盛り上がりました。


トイレに行く途中でカープのマスコットであるスラィリーに遭遇。背番号は「!」です。そしてこの直後、悲劇が・・・


通りすがりのおじさんに殴られるスラィリー。


「本気出せばお前なんか瞬殺だからな」


この日のスタメン。両チームともに、ほぼベストメンバーでした。巨人の1~6番までは、セ・リーグオールスターといっても過言ではないほどの充実ぶり。


試合は12-6で巨人の勝ち。広島が6つ、巨人が2つのエラーをするなど全体的に荒れた試合内容でした。途中までは、逆転に次ぐ逆転で面白い展開だっただけに残念。


試合が終わり、3人でお好み焼きを食べた後、太田と別れを告げ、解体中の広島市民球場へと向かうことに。ここで試合を見ることができなかったことに対する後悔は、一生僕に付きまとうことだろう。

昨今の低迷ぶりとは裏腹に、70~80年代にかけてのカープは黄金時代だったのです。最後の優勝が1991年。次の優勝はいつになることやら。


この後、大津で失敗したカレー作りのリベンジをしようと、スーパーを探している最中にヤマキと遭遇。駅や原爆ドームで遭うならまだしも、まさか何でもない街中で遭うとは。「八昌」という店が評判とのことで、晩御飯はお好み焼きで済ますことに。ボリュームもあったし旨かった。店にたどり着くまでの道のりがアレな感じでしたが・・・


その後、ヤマキとは別れを告げ、比治山公園にてキャンプ。津田中野プレもこの付近で泊まったとのこと。公園までの激坂に思わず漕ぐのをあきらめ、押して登りました。


3/12(土)広島~博多(輪行)
広島駅のホームに着くと、そこにはヤマキが。まさか電車に乗る時間帯がかぶるとは。下関で2度目の別れを告げ、2人は博多に着いたのでした。

夜は、大津で失敗したカレー作りのリベンジに成功しました。


3/13(日)博多~日田
移動日。この日は特に何もありませんでした。しいて言うなら日田駅にて再びヤマキに会ったことくらいでしょうか。


3時間近く同じ場所に滞在するということ、もっというと、見所が野球観戦というのは、チャリ部的には邪道だったかもしれませんが、これはこれで楽しかったです。