四日目

最大の難関といえます。 なぜなら、平坦区間が終わるからです。

さらにいままで

俺「うへへへ 温泉湧きまくりだから風呂には困らねーぜ!!」

状態でしたが、

島根「この俺にそんな技が通用すると思っているのか?」
俺「なん・・・だと・・・」

こうなります。うひゃー!!大変!!

というわけで、

お昼に風呂に入ります。 まあしょうがないよね。


では見所いってみよー!!


山がヤマい(ズドーン)


出雲市を過ぎると、山が海沿いまで迫ってきます。そのため、100m弱の峠が連続するようになり、 平地が消えます。これが130kmほど続きます。

日本海(効果音めんどくせえな)


山が迫るので、必然的に海沿いを走ることになります。そのため、これまで以上に日本海を堪能することができます。

温泉津温泉(ゆのつおんせん)


石見銀山のオプション的な温泉。もちろん、 世界遺産。

ということで、最終目的地の三隅という町まで海と山のオンパレード!! 難関ではありますが、走っていて一番楽しい地域とも言えそうですね。

五日目につづくんだぜ

追記


やまがやまいなー