石井プレ/中津~別府



観光重視で距離短めという謳い文句のプレ!
俺が珍しく作った観光プレは、はたしてどうなる…!!

参加者:
2年 石井、黒田、和田
1年 大畑

コース:
東京→(バス輪行)→小倉→(輪行)→中津→奥耶馬渓→玖珠町→湯布院→別府→(輪行)→延岡→高千穂→山都町→天水町→久留米→日田

0日目(3/4) 夜行バス輪行

12時に部室に集合後、テントや調理器具を分配し東京駅に向けて出発!
東京駅にて、自宅から輪行した和田と合流。
これから13時間に及ぶバス輪行が始まります!

ちなみに夜行バス初めての石井は、
バスに酔い、座席が体に合わずに体の痛みに耐える苦行でしかありませんでした。

1日目(3/5)中津→耶馬溪

途中渋滞に巻き込まれ予定より1時間半遅く小倉到着。
中津に向けて電車に乗り出発。
1時間後に終点で中津へ!かと思いきや…

はい、やらかしました。
石井が乗る電車を間違えて誘導し、気づいたときには1時間逆走してました(笑
結局小倉まで戻り、日豊本線で中津に向かう。
班員からは嘲笑の声が…
中津に到着後、福沢諭吉像の前で写真撮影!万札で目隠ししてます。

中津市内で肉のみの昼食を取る野郎4人。
その後耶馬溪サイクリングロードをひたすら走りました。この日はめっちゃ暑かった…

これが廃線を利用したサイクリングロードだ!
素彫りトンネル青の洞門でエクストリーム腕立てを始める二人。
次第に畑が広がる中を走ります。背景がめっちゃ素敵。
『俺はもうダメだ…』途中の休憩所にて。

『道の駅やまくに』にてキャンプ。
そして夕飯時のしゃもじ事件により、この日の思い出はすべて小池に持っていかれました(笑)
小池ぇぇ…

2日目(3/6)耶馬溪→玖珠町

生活のリズムを一定に保とうとの目的で朝5時起きを決行。
この日はあいにくの雨で、悪天候の中の登りステージとなりました。

奥耶馬渓の休憩所にて。
このころには雨の冷たさと蒸れにだいぶやられています。

今日の見所『一目八景』
一度に8つの景色を見られるということですが、あいにくの天気…

雨の中をひたすら登り一目八景を過ぎ、あとは下りかと思った4人。
峠と思しきトンネルを越えるとそこは 激登り でした…
ダークロと和田の心が折れる音を俺は確かに聞きました。

激坂途中の屋根のある休憩所にて。
このときダークロからオーラが吹き上がるッッ!

あまりの寒さに昼間から温泉につかり・・・
ファンヒーターで服を温める2年二人

買出しした後も温泉につかり、しまいには服をランドリーで温めたりし・・・
プレ二日目からまさかのランドリー(笑)

結局この日は屋根のある『道の駅童話の里くす』にてキャンプ。
雨程度じゃ素泊まりなんかしません。

3日目(3/7)玖珠町→湯布院

昨日の雨とは打って変わっていい天気に。
湯布院観光は石井が一番楽しみにしていただけに、さくさくと進む!

登りを頑張る大畑
このプレはささいなことで笑いが絶えないプレでした。


水分峠を超えやっとこさ湯布院到着!!
昼食は自然薯がおいしい『麦とろ屋』にて。

昼食後由布岳を一望できる露天に入浴し、いざ観光!
って時に天気が晴れ→雨→ひょう→雪へと猛烈に変わっていきました…

あまりの天気の悪さに(身の危険を感じ)観光を断念。
早々に道の駅ゆふいんへと引き返す四人orz

道の駅ゆふいんでは一人旅中のチャリダーとともに寝食をともにしました。
写真を向けると変なポーズをするのが東北学院大流。

やさしい道の駅のおばちゃんに休憩室での寝泊り許可をいただき暖かく眠れました!
ありがとう、道の駅のおばちゃん!

4日目(3/8)湯布院→別府→(輪行)→延岡

この日は別府の温泉を楽しもうということで、元気に出発!

『今日は別府まで下るだけだから楽だよ!』
俺の言葉はすぐ否定されるのであった…

湯布院があんなに下に…

結局別府まで行くのに由布岳の脇を越えていかなければならず…
由布岳は野焼きされているため、まるでアフリカのサバンナのようでした。

本当にここは日本なのか…?

そして別府までの激下りでは体も心も冷え切ったため、午前中から別府の温泉を堪能。
路面凍結した道を下るのは本当に神経を削る…

観光ミシュランで星三つのひょうたん温泉に入り、昼は天丼と別府を堪能!!
かなり時間の余裕があったため予定を前倒ししてランドリーを済ませた後、特急で延岡に輪行。
輪行中に乗車券特急券もろとも紛失し、ガチへこみする石井…

川沿いの暗い公園にて強風の吹く中エクストリームキャンプを実行。
暗いよ寒いよ怖いよの三拍子そろっていました。

後半に続く!!

延岡~日田