広島アフター



日時:3/18~20
コース:城の湯→水前寺公園→熊本駅→(輪行)→広島→宮島→(輪行)→呉→(輪行)→大垣
参加者:1年 木下、和田
規模、内容的にアフターと呼んでいいのかはあやしいですが、当人たちはペアランアフターとして行動していましたのでここに報告させていただきます。
それぞれ一人アフターや個人直帰などをおぼろげに考えていたことをきっかけにしたアフターでした。

テントは持たず、その上、本合宿中ワダショーがシュラフを送っていたため、エクストリームな夜を何度か過ごすことになりました。

1日目 城の湯→水前寺公園→・・・→広島


美味しい朝食を頂き、宿を最後に出る。忘れ物を持っていく羽目に。
体調はなぜか二人とも絶好調。
前日のペアランで二人とも水前寺公園へ行っていないということで水前寺公園へ。
風光明媚という表現がぴったりな庭園でした。画面左にいるのは・・・。

直帰組の人たちを見送ったあと、二人で今後の行き先について作戦会議。
最終的に、二人で広島へ輪行することに決定。ぺありんこ。
“熊本はいいところだけどこれ以上の見どころ性を見いだせない”

乗換時間が短いものだらけでしたがほぼすべて対面乗り場でラクラク。ぬるりんこ。
乗り換えたのにかかわらず同じタイプの車両で、さらに同じ席に座ってひたすらまんねりずむ。

ねむりんこ。

広島に夜遅くに着く。寒い。木下の強い希望でマクドナルドへ。時間を稼ぎながら作戦会議。

深夜の原爆ドームを観光したのち、旧広島市民球場のスコアボード下入り口前で外寝。ワダショーは輪行袋の中に入ってエクストリーム外寝をメイクする。
銀マがないときは排水溝の鉄蓋の上で寝ると冷えないことが判明。

2日目 広島市街→宮島

起床直後。
ワダショーが生きてた。
早朝過ぎて原爆資料館などが空いていないので、平和記念公園周辺をひたすら歩きまわる。
原爆資料館は二回目だったけれど、やはり言い表せない感情にさせられる。
五感に訴えかけてくる。

無料の科学館へ行き、ちっちゃい子にまじって遊びまわる。明らかに行く場所間違えただろこれ。
その後広島市街へ戻り広島焼きを頂く。大祭から半年。

昼食をすませたあとは宮島へ向かう。
無風。平地。
にも関わらず木下が走れなくなる。

“平地ってどうやって走ればいいんだっけ?”

何とかフェリー乗り場にたどり着き、自転車と共に宮島へ。

渡ったところで自転車を停めて、歩いて参道へ。
振り返ったらキャリアにパッキングしていた観光案内図を鹿さんがムシャムシャ/(^O^)\

ワダショーのサイドバッグも舐めまわされてる。

宮島の鹿は奈良公園以上に調子のってますw

まぁ可愛かったけど。

あれ・・・水?

参詣ののち、
あげもみじまんじゅうの虜になり夕暮れになったので自転車に戻ろうとしたらちょうど夕日と鳥居がいい味出してました。
さらに水も戻ってきた!


この日は宮島の自然公園にて外寝。
シカとキツネがごろごろ闊歩していて、波の音と鳥の鳴き声しか聞こえないスポットでした。