学年会議議事録
●役職体制について
ほとんどの役職が、例年通りの体制でよいのではないかという意見が多数。
私たち11世代から、人数の関係上新たに役職を増やした新体制がとられた。
(工具、会計、購入、人事、広報の5つの係の設置、または分離)
□工具、購入係
前年度まではこの2つは工具係としてまとめられていたが、新入生の自転車購入に関する工具係の負担削減のため、今年度は購入と工具に分離。
結果:改善するべき
前年度までのように工具係が購入も負担する形を取ったほうがいい。
理由:購入係の負担が大きいのは特に新入生の自転車購入に際してのみであり、他の時期の仕事がなくなるため。
購入として、セオとのかかわりも増えたが、セオとのパイプ役=工具担当という認識があるため、今年度も、購入係が自転車の組み立てなどの手伝いを行っていた。
そのため、現状購入係が工具係の仕事も担うという形になってしまい、分けた意味がなくなってしまった。更に夏合宿の工具係としても彼らに働いてもらう形になったし、夏合宿後の新入生への自転車メンテナンスも請け負う形となった。
改善:2つの役職をくっつけることに加え、改選時においても、注意しなければならないという意見も。
活動に積極的に参加しているか、(または一人暮らしや実家が千葉県内にあるなど、参加しやすい環境にあるか)しっかりとした立候補宣言も必要だと感じる。

□会計
仕事自体は前年度からは変わりがないが、会計の上の職として、3年生に会計課長を担ってもらう形となった。
結果:引継ぎだけでなく、上の代に役職を置くことで、かなり安心できる体制となった。前年度までの方法について逐一確認できることや、部員の増加による仕事の増大についても、二人で仕事を分けられるため楽になった。
また、昨年度から口座を設けて管理していたため、長期合宿の際に、現金を大量に持っていかなくてもよくなった。負担が減った。
今年度もこの体制でいきたいとおもう。

□人事
サイクリング部の部員管理。名簿の作成。
結果:学年が上がるにつれて、所属しているのかしていないのか、不明瞭な人が出ていたため、名簿を作ったり、上級生に関しても入部届けのように確認できた点は良かった。
改善:来年も名簿は作ってほしい。また、それをより簡単にたくさんの人に共有できるようにしてほしい。
また、新入生が入部する時期以外の仕事が全くないため、他の係に吸収するか、または何か仕事を増やしたほうがよいという意見もある。

□広報
ホームページの管理、写真管理など。
結果:ホームページの充実、フェイスブックの利用など、メディア関連の充実が増えた。今年度は新歓期の文章作成なども行った。
改善:「広報」として、更にサイクリング部を周りに広められるような仕事があるとよい。また、フェイスブックのアップのほうに重点を置いてしまい、ホームページのアップがおろそかになってしまった。写真をアップするのは広報の仕事ではなく、あくまで写真を撮った人がアップするという形の認識をし、広報はよりホームページの内容の充実を図ったほうがよい。また、人数は減らしたほうがよい。


□備品
今年度、自転車の貸し出しなどを備品が担当した。
これに関しては、特に新歓期の備品貸し出しがスムーズに進んだため、来年度もやっていきたい。

□キャンプ
今年、キャンプ備品について、いろいろなことが体制化していったとおもう。
積極的に引き継ぎたい。
人数は現状維持がよい。備品の数が多いため、4,5人で各備品を担当する今の形がよい。

□松戸
今年度から2人に増員したのがよいとおもう。
結果として、松戸は春、夏、秋の3回行うことができたし、企画側としても負担が減った。来年度も楽しい企画がたくさんできるよう、2人でいきたい。


その他役職に関しては、体制は従来通りでよいという意見が多数だった。
各反省点、改善点は引継ぎの際に話すべきことが多数だったため、今回は割愛させていただきます。

議事録のアップが遅くなってしまいすみませんでした。