-NHKの試される大地 Part4-




8日目 網走~能取岬~サロマ湖 90km




天気:晴れ後曇り

朝は、朝市へ。その名も網走感動朝市!



ここで朝ご飯です。試食したりどんぶり食べたりしました。
500円どんぶりは割愛しときますわ.....
K「値段相応だ!」






焼きさんまとサービスの小ほっけ!



その後、予てから楽しみにしていた網走監獄へ!

K「監獄は興味ないわ。ランプ別館でマンガ読んでるから行っておいで」

...( ゜Д゜)...

一人で行くぜ!


ということで、単独で網走監獄侵入大作戦を敢行!



ど~ん!


とってもリアルです。刑務所の中。


北海道開拓のため、集められた囚人たち.....



あ!脱獄職人のあの人が.....!


大浴場。
パーフェクトグレード並にリアル。それ以上か。



興味をもったそこの君!
刑務所での生活をもっと知りたければこの映画がおすすめ。
撮影場所はココ網走監獄。



網走監獄から2時間で脱獄完了し、ランプ別館へ戻ります。
リスも脱獄していました。



Kと合流し、ランプ別館を後にします。

ちょっとおさらい!「ランプ別館」とは・・・
この奥の廃屋のこと。





セイコマ前のコンビニでお昼補給をして、
目指すは能取岬!



道は広く、空は青く、緑は鮮やか。キンモチィィィィ!



道の両側には牧場があります。
そしてこの坂道!
K「東北の山々で鍛えたオイラの脚が火を噴くぜ!」




ワン、


トゥー、


シャーッ!




能取岬に到着!



チャリとコバネチ!



能取岬は広いです。



走り回って満喫した後、一度網走方面に戻って...




その途中に、絶賛稼動中の網走監獄(刑務所)がありますが.....




サイクリングロードでサロマ湖を目指します!



夕陽までに到着できるか!それではスタートです!



網走湖との交差点、橋の上から撮影。



前後に他の自転車なし!ひたすらぶっ飛ばします!



他に誰も走ってないので、Kのアニソンジャズ集を聞きながら走る。
背中にiphoneが入ってます。グレートだぜ・・・純也!



能取湖、サンゴ草群生地。



そろそろゴールが見えてきた!



間に合った!無料のキャンプ場、キムアネップ岬に到着です。
K「無料なのは驚き、すんごい綺麗」



ばーん!まずまず!
サロマ湖の向こう側はオホーツク海です。



ゴゴゴゴゴ...



恒例の、テントの横に風車。
K「恐山産の風車、今夏のチャームポイントでした」


風が少し強いですが、地面もふわふわで良く寝れました。
水場もトイレもきれい、無料なのにすごい!





9日目 サロマ湖~上湧別 45㎞





天気:雨

まさかのザーザー降り。
今日は距離が短いので、サッサと行くことに。
K「ここらで季節の変わり目を感じ始めたな」


途中、北勝水産で休憩。



びっちょり...



だ が !

こいつっぁ!ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!
ホッタテだあぁっ!ホッタテバァァガァーだぁっ!
見た目以上においしかった。これはもう一度食べたいです。



さらに進むと、道の駅「愛ランド湧別」があります。


アイランドなので、遊園地が併設されています。客いないけど!



午後杉過ぎには目的地、
道の駅「かみゆうべつ温泉 チューリップの湯」に到着!



時間も余ってるし、雨だしっていうことで、図書館に入ってみると....



なんとそこにはマンガが大量に!外も雨だし、これで時間つぶすべ!
久しぶりのめぞん一刻、おもしれ~
K「手塚治虫は神」


ゆったりした午後を過ごした後、道の駅併設の温泉に入ります。



ぎりぎりまで温泉の中でごろごろして、テントへ戻ります。
この屋根をお借りしました。



天気はまだまだ良くならない...
第四部、曇らないんじゃないのか!

K「オホーツク海は曇らない(大嘘)」





10日目① 道の駅~遠軽、遠軽~雄信内(輪行)  10日目② 雄信内~天塩




天気:雨のち晴れ

テントはこんな感じで立ってました。ぎゅうぎゅう。


今日はオホーツク海側から日本海側まで輪行します。
この日は9月10日、18切符の期限日でした。


輪行出発地、遠軽。



これは、瞰望岩(がんぼういわ)です。(たぶん)

ちょっとウンチク!
瞰望岩はあの機動戦士ガンダムの名前の由来といわれています。
企画開始時は、ガンボーイで、そこから変遷してガンダムになったとさ。
ちなみにガンダムのキャラデザ・作画監督の安彦良和さんは遠軽出身です。
(地元のおっちゃん情報)


ッササっと輪行準備して、


電車に乗り込む!旭川経由の雄信内まで輪行です。



乗り換えをしたり.....



本を読んだりして.......
雨だったのでビニール袋in靴です。



途中、音威子府で45分ほど停車。
K「何もすること無くて暇」
N「バナナ買おうか迷ったわ」



(後ろに)電源確保ォォォォ!in 音威子府駅構内


「Sohya NORTH LINE」



七時間ほどの輪行を終えて、ついに雄信内へ到着。
K「駅が蛾だらけ・・・」
N「二年前の夏合宿を思い出しましたわ」※2010 夏合宿



ついに来たぜ!



ありがとう18切符。



輪行解除していると、あっという間に日が暮れた.......
K「輪行解除遅くてスマンな」



雄信内の夜は怖い。ほんと怖い。
真っ暗で何も見えない。まわりは牧場しかなく人気(ひとけ)がない。
街灯もほとんどない。
イメージ的には、
こんな感じ。
K「一人だったら小便チビってます」
N「ジュッジュワー....」

Softbankは圏外。しかも道に迷う。
道道855から道道551にぶつかり、天塩の町の光が見えたときには不思議と気温が暖かくなり、安心感を得るとはこのことかと思いましたwa....


そして天塩に到着!鏡沼海浜公園キャンプ場で泊まります。

キャンプ場のすぐ裏にあるてしお温泉夕映。



「ほぉらぁいくぞぉ~~」


温泉にゆっくり入って、テントに戻ります。
雨はもうやんでいました。



季節は夏から秋へ。
題名通り、オホーツク海を(サロマ湖越しに)臨んだ日だけ、曇らなかった第四部。
厳しい雨と長い輪行を乗り越え、終点が見えてきた長い旅。
晴れろ日本海!漕げよN(H)K!!北の果てには宗谷岬!!!

K「Hのパンツがちょっぴり懐かしいなあ」


第四部「オホーツク海は曇らない」

  完!


第五部「宗谷の風」へ続く!