2013/5/10 第一回検討会議にて

■チャリ部保険
自転車で旅をするチャリ部にとっては、自転車盗難補償がきかないケースが多々存在する。盗難を防ぐ対策はもちろんするが、鍵を掛けてもホイールだけが盗まれることもあるし、団体で行動する以上、偶然一番上に重ねた自分の自転車が被害にあうこともあるだろう。そうした様々なケースに対応すべく、チャリ部保険を導入することを検討した。
チャリ部保険
会費:1人1,000円(全員加入とする)
初年度は部員全員から、次年度より新入生のみを対象に集金。
適応範囲:チャリ部の活動であること。(2人以上の活動に限定。)
保険適応額:盗難されてからの行動(帰宅にかかる交通費など)から、見つからなかった場合の自転車購入(但し、保険がきくのは元の自転車、パーツの購入額とする)までにかかるすべての金額の7割。ただし、上限を10万とし、それ以上の金額に関しては自己負担となる。
管理方法:保険用の口座を開設し、保険係が管理。

2013/5/15 5月部会にて

  • 部会やラン以外の企画の際に自転車が盗まれた場合の保険適応はどうなるのか。
  • 自転車が盗まれたからお金を補償するのか、盗まれたことにより、今後チャリ部の活動に参加できないから補償するのか、この線引きについて。
  • 趣味性の高い2台目以降の自転車についてはどう考えるか。
  • 自転車を盗難されて補償され、その後盗難された自転車が見つかった場合はどうなるのか。
  • 自分達で保険を作って運用していくのは難しいのではないか。業者の保険に加入することも視野に入れたほうがいいのではないか。

など多数の意見が寄せられ、決をとるのには不十分であると判断し、今後の検討会議で詰めていくことになった。

2013/6/5 第2回検討会議に向けて

  • チャリ部保険制度を導入していくか否か、案を持ち寄り検討する。