2006夏合宿フォトコン結果発表


混戦を極めた2006年夏合宿フォトコンテストの栄光は誰の手に!?

チャリ旅2006 夏 部門


第一位:その先は空

  • 投 稿 者:安藤
  • Comment:暑すぎた八幡平の登り。太陽近かった。そして、青すぎた空。
           空を目指すのり子さんの背中を見ていると「ちゃりたびっていいな」って思います。  

  • 投票者からのメッセージ



第二位:出発準備

  • 投 稿 者:瑞穂
  • Comment:同じ出発準備でも、2006夏・東北だと雄大な感じ

  • 投票者からのメッセージ



第三位:ビーチボーイズ

  • 投 稿 者:ドリ
  • Comment:ポーズが風車と海岸にベストマッチ!

  • 投票者からのメッセージ




風景部門


第一位:朝日に思う

  • 投 稿 者:ドリ
  • Comment:普代浜の朝日。絶景。

  • 投票者からのメッセージ


第二位(同点):テント干し!

  • 投 稿 者:hojo
  • Comment:東北の清らかな日光で、テントのフライを滅菌してほしい。
           しかし、橋の欄干をこういう風に使ったキャンパーは僕たちだけではなかろうか…。 

  • 投票者からのメッセージ


第二位(同点):夕焼け
  • 投 稿 者:安藤
  • Comment:日本海という名のジャパニーズ・オーシャンに沈む夕日と二匹の狼・・・「俺たちは、沈んだりしねぇ!?」

  • 投票者からのメッセージ


第二位(同点):旅の風物詩
  • 投 稿 者:run
  • Comment:郷愁ただようコインランドリ~
     ここでしばし現実に戻ります。


  • 投票者からのメッセージ


人物部門


第一位:シーソーに6人!

投 稿 者:hojo
Comment:風の松原にて。絶妙なバランスにも関わらず、ポーズはみんなバラバラ。

投票者からのメッセージ



第二位(同点):ターミネーターちか

投 稿 者:安藤
Comment:西暦8524年から現代の浄土ヶ浜に降り立ったサイボーグ人間。
     世界の平和を守るかと思いきや、瑞穂とドリを襲撃。
     今後は主に東京都のために活動するらしい。
     どうする!?人類の未来!!



投票者からのメッセージ



第二位(同点):夕日の似合う男

投 稿 者:ケント
Comment:島の夕日を見つめたそがれる高原。さりげなく腰に手をあてる所といい、さすが高原だぜ。

投票者からのメッセージ



ギャグ部門


第一位:コインランドリーにて

投 稿 者:橋野
Comment:ヘンな人がまぎれてます。
     この人、この後銀行にお金をおろしに行きました。ありえないです。


投票者からのメッセージ


第二位:う○こ!

投 稿 者:長井
Comment:あーいーはーらー!

投票者からのメッセージ


第三位(同点):とてもさわやかな風景
投 稿 者:安藤
Comment:不快指数=1000000000000000000

投票者からのメッセージ


第三位(同点):鳴子にて
投 稿 者:ケント
Comment:高原義経、家来の弁K、妖怪こけしロッキー@鳴子駅前。
     高原が妖怪を今まさに成敗しようとしています。


投票者からのメッセージ


第三位(同点):ファルコン最強伝説
投 稿 者:ケント
Comment:合宿中でも好評だった十和田湖でのムービーを、コマ送り風にしてみました。
     小さくて見辛いですが、暴れまわっているのはファルコンさんこと柘植さんです。


投票者からのメッセージ


第三位(同点):キモい
投 稿 者:橋野
Comment:キモい

投票者からのメッセージ


第三位(同点):パッキング・マルタ
投 稿 者:run
Comment:熊が網に引っかかってました。バカ…。

投票者からのメッセージ


マイベス


第一位:おがーーー!!
投 稿 者:あい☆じゅん
Comment:あーみんなと旅がしたい

投票者からのメッセージ



第二位(同点):夕日とトンボ

投 稿 者:ケント
Comment:暮れなずむ中、夕日に映えるトンボ。羽根が紅く染まって綺麗。

投票者からのメッセージ


第二位(同点):散歩

投 稿 者:瑞穂
Comment:振り返ったら、こんな道がありました

投票者からのメッセージ

第三位(同点):陸中野田駅

投 稿 者:橋野
Comment:鉄道マニアなわけじゃないんだけど、
     青い空・いい感じに流れる雲・ポップな車両が良いバランスで、一番のお気に入り写真です。

投票者からのメッセージ


第三位(同点):ご来光

投 稿 者:run
Comment:旅の最後の朝日no光

投票者からのメッセージ