※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の演奏を録音して編集するまで。

(1)録音の概要

  1. 声を出す、楽器から音を出す。
  2. 音が空気を伝わる。
  3. 空気の振動を、電気信号に変換する。(マイクの役目です。)
  4. 変換された信号を録音機器まで流す(ケーブルの役目です。)
  5. 信号を記録する。(MD,PC,テープ,MTR等・・・)
※生楽器の場合です。電子楽器(キーボード、電子ドラム、デンシピアノ等)は
直接電気信号が発生されている為、楽器→項目4,からのスタートとなります。

(2)環境の構築

1,激安編
激安マイク→ケーブル→パソコンって方法です。
録音機材はPCを使います。


これだけあれば まず録音はできますb

オススメ録音用ソフト
audacity
特徴
マルチトラック編集可能
エフェクトもかけられます。(エコー等・・・)
使い方サイト
僕のつたない説明よりも専門サイトを見たほうが良いとおもいますb

2,割と良い編
後日!