※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

映像は "見る時代" から、 "作る時代" に移り変わろうとしている…

TV放送が始まって早半世紀。技術も進歩し、ハードからソフトへ技術の転換が起こりました。
今や映像は"見る時代"から"作る時代"に来ているのではないでしょうか。
そんな時代に沿って、
「浅く広く、作品制作に必要な情報を網羅的に掲載した」サイトを作る。
これがこのサイトの目的です。


Da vinci's Naviの命名

このサイトは「クリエイティブな作品をつくるための情報源となる」ことを目指しています。
かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチは"創造の象徴"として。
その"ナビゲーション"ということで、
「Da vinci's Navi(ダヴィンチーズ ナビ)」
通称「DaviNavi(ダビナビ)」としました。


ホームビデオと映像作品の違い

映像を始めて作るひとはホームビデオと映像作品の違いが分からないのではないでしょうか。

つまり、「映像作品って何?」ってわけです。

映像作品は一つの芸術といっていいでしょう。
自分の主張したいことを自由に表現する。
ただそれが映像というメディアを通して行っている、というものです。
芸術は見てもらうことに意義があります。
つまり、
芸術は「その主張を相手に伝え、相手の気持ちを動かすこと」に存在価値があるのではないでしょうか?

一方ホームビデオに相手はありません。
あったとしても未来の自分であったり、未来の息子、娘であったりします。
また、工夫をこらさずともその映像には既に
「思い出」という最上級の付加価値がついているため、
どんな風に撮っても常に「最高の作品」となりうるのです。

しかし、赤の他人が見ても、とても共感は呼べません。

映像作品は赤の他人をも共感させ、
心を揺り動かす、
ということが核心となっているのではないでしょうか。