※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構成について

ここでは番組の肝である構成についてです。
作品は70%が構成で決まるといってもよいでしょう。
それだけ「構成」は大事なんです。

原稿の作り方

原稿の作り方には人によってさまざまですが、
機能的なものほど良いでしょう。
もっともスタンダードなものを紹介しておきます。
(以下例を載せる予定)

① エクセル型
時間、見出し、詳細内容、備考、BG/SE
などを横に書いて、
縦につらつら書いていきます。
ドキュメンタリーを作る場合は一番使いやすいと思います。

② 自由描画型
イラストレーターやGIMPを使うと便利でしょう。
2D描画系ソフトで文字を書き、ひらめいたら絵も描いてしまう。
文字はあとでまとめてうごかせたりできるので便利です。
半分画コンテみたいで発想がわきそうです。

③ 台本型
台本のように
内容とト書き。
ドラマに向くかもしれませんが、
演劇出身の人とか(笑)使うみたいです。

④ 画コンテ型
最初からガンガン画を描いていく方法。
ドラマなんかは向いているかもしれませんが、
いずれにしろどの作品を書かなければなりません。
てか書きましょう、書こう!
構成がある程度決まってないと、道筋がはっきりしないので、
構成がざっときまったらガンガンと。

(それぞれテンプレートをダウンロードできるようにする予定)


以下番組の種類を分類して検証していきます。
もちろんここにあるのはあくまで「分類」なのでどの分類にも当てはまらない作品は当然あります。
参考までに紹介していきます。

テレビドキュメンタリー

映像を用いたドキュメンタリー番組。
基本的には「人」を追った作品であるが、当然「物事」を追った作品でも良い。
ただし、「物事」を追う場合は単なる「ニュース番組」や「調べて紹介するだけ」となりがちなので様々な創意工夫が必要である。

  • 人を追う場合。
人を追う場合は基本的に

その人の紹介、
その人につきあたる問題、
その人のその動向

などが必要となる。
長い期間を追えば追うほど良い素材が集まる可能性は大きいが、
長期間の取材は怠慢を産むので毎回が希少と思って全力を注ぐこと。

  • 物事を追う場合。
物事の場合は

その物事の「問題点」
その動向、結末

が必要となる。
番組を作る上で必ずといっていいほど「人の意見」が必要となるので、
多くの人へのインタビューは欠かせないと思う。
また、結論があいまいになると、結局何が言いたい作品なのかがわからなくなるので、
ある程度の結論は出したほうが良い。

ありのままの人間、というよりかは、一度収録されたものを編集者の独断と偏見によって統制されていくために偏見がこめられる可能性が高い。

どういった点にせよ、自分の満足のいく作品をつくるには非常に難しい形式といえる。

技術力というより構成力が命。
だから技術力がぜんぜん無くてもすっばらしい作品は作れる。


テレビドラマ

映像を用いたドラマ番組。
照明、カメラワーク、演技などドキュメンタリーに比べると技術力が影響してくるか。
構成も綿密に画コンテで決めておかないと難しい。
あと、場所をどこにするかだとか、前準備が大変かも。
ドラマには伝える意思、目的があったほうが良い。


ラジオドキュメンタリー

音声のみを用いたドキュメンタリー番組。
音声のみなので、映像ではできないテーマを選んだほうがいいか。
たとえばヴァイオリンの職人とか(笑)
やっぱ難しいと思うw


ラジオドラマ

音声のみを用いたドラマ番組
人物がどこにいるかという把握がしにくいため、
いかに風景をかもしだすかということが味噌。
また、効果音やBGMも大きな要となる。
が、ここには無限の可能性があるように思う。

夢落ちはやめようw


放送用ラジオ

一般的に流れている「ラジオ」の形式。
基本的にはDJさんのトーク、音楽、情報によって成り立つ。
DJさんのしゃべり命。


TVCM

映像によって15~60秒ほどの何かを紹介するもの
時間が短いため、センスや熟考度が問われる。
また、キャッチフレーズが必ず必要。
なんだかよくわからなくてもインパクトあればOK!?


ラジオCM

音声のみによって15~60秒ほどの何かを紹介するもの
ラジオ放送局のCMは面白い。
聞いたことの無い人は是非。
音だけというところが想像力をかきたてられて、
面白い作品ができそう。
作ってる人口が少ないのが残念。
良い声とめぐり合わないとむずかしいか。


ミュージッククリップ

いわゆるPV(プロモーションビデオ)と変わりない。
音楽が前面に出るため、詩やリズムが大きく映像に影響する。
これも大きくセンスをとわれる。
技術的に優れているほうが有利か。


ニュース、報道

ニュースや報道の形式。
最近あったことの紹介。
簡潔にまとめて誰でもわかるように構成する。
基本的にアナウンス力が必要となる。