※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機材

ここでは、
  • 機材の名称と役割
  • 目的に対して必要な機材
  • 機材の機能とその解説


機材の名前と役割

実際に制作に移る前に機材の調達が不可欠です。
特に映像作品ではビデオカメラはほぼ必須アイテム。
性能と金額に相談して買ってくださいw
(以下画像添付予定)

  • PC …絶対必要。いまやPC無しに編集はできない。映像編集ならデュアルディスプレイのほうが格段に良い。
  • スピーカ …ヘッドホンでも可だが、スピーカとヘッドホンでは聞こえ方が違ったりするのであったほうがよい。
  • ヘッドホン …絶対必要。細かい音はスピーカよりヘッドホンの方が見落としにくいです。
  • ミキサー …余裕があれば。音楽を前面に出す場合は実際に手で操作しながらのほうが効率的ですし、PCで録音する場合はかなり必要になります。
  • ソフトウェア …詳細は後ほど。
  • 外付けハードディスク …映像作品の場合、非常に多くのデータ量を使うのであったほうが良いでしょう。また、制作の追い込みの時期に限ってPCはダウンするので(笑)あると大きな保険となります。
  • カメラ …値段によってかなり精度がかわりますが、映像作品を作る場合は必要でしょう。室内のみの場合はウェブカメラでも代用できるでしょう。
  • マイク …ガンマイク、ピンマイク、集音マイクなど用途に合わせてマイクが必要です。詳細は後ほど
  • ウォークマン …屋外でのインタヴュー、録音には必要でしょう。
  • ライト …照明として必要。あるだけ便利
  • レフ版 …照明機材として。あるだけ便利。
  • ガチンコ …毎カットがどのシーンかわかりやすくするためにあります。
  • メガホン …監督が激を飛ばします。ときどき鈍器ともなります。
  • MD再生機器 …MDはPCに直接取り込めないので。
  • DV再生機器 …カメラから直接PCにつなげれない場合必要。
  • ケーブル、ピン類 …必要にあわせて買いましょう。


目的に対して必要な機材

  • 映像を撮る
  • 映像を編集する

  • 音声を撮る
  • 音声を編集する

  • インタヴューをする


機材の機能とその解説

ホワイトバランス