※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テーマ設定

テーマを決めることは番組制作の根本です。
テーマが悪いとすぐにいきずまったり、どうしようもなくなったりします。
果たして良いテーマかどうか、それを調べるためのコツを紹介します。

テーマ設定時に評価する


次の点で評価してみるといいかもしれません。

  • 独自性 オリジナリティがあって、新しいものごとか
  • 継続性 継続して作ることが可能か
  • 発展性 発展する可能性はあるか
  • 現実性 現実的に達成可能か
  • 面白さ性 作品内容が面白いか
  • インパクト性 タイトルの時点でインパクトはあるか
  • 論理性 話の進みかたは論理的か
  • 倫理 倫理的に間違ってはいないか
  • 誰に対して(ターゲットの決定)
  • 視聴者が欲しがっているものは何か(需要と供給)
  • 時勢は?テーマはタイムリー?(社会・時代の流れ)



~問題提起~

現時点で問題があるからこそ、
テーマはテーマとしてなりえるのです。
だから、その問題をはっきりさせることによって、
目指すものがはっきりしてくるでしょう。


大人数で議論する

大人数で議論するとよりに詰まった答えがでるでしょう。

企画書のテンプレ



現状の問題

テーマは現状の問題点があって初めてテーマとなる。
だから、最初の「きっかけ」となる部分は
ごく身近にある問題からこなければならない。


具体的達成の指標

数字 or 達成度で表現できる
テーマ自体の目標を設定する。
数字の場合はとにかく逃げることができないので、
より良い作品がつくられること間違いなし。


対象の分析

対象の知識、理解度を分析することによって、
どこまでの知識を提示しなければならないのか、
がわかってくる。