※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言葉の注意

映像作品、音声作品、どちらにせよ日本語を使うことは変わりません。
その日本語を注意することも大事です。
今回はその「日本語のコツ」を紹介します。

話し言葉は簡単に、書き言葉は漢字を

台詞やナレは簡単な日本語、すぐに想像できる言葉に。
テロップなど表示するものは字数制限がありますので、
簡潔でわかりやすい熟語などが良いでしょう。


「は」と「が」



その文で何を強調したいのか



コピュラ文



うなぎ文、こんにゃく文



5W1H



指示語



「の」はつかわない



重言



「です・ます」「だ・である」