※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラマ

ドラマを制作する点で、一番大切なのが脚本です。
脚本なしにはいい作品は絶対に生まれません。
いくら映像が綺麗でも脚本がダメであると、作品のクオリティにはどうしても限界があります。
特に機材もそろっていないアマチュアの作品ならば、映像のクオリティではたいした違いなど出ません。
やはり脚本が大切となります。


キャスティング

2時間から3時間で視聴者が把握できる登場人物の人数は7人か8人のようです。
つまり、1時間では4人ぐらい、
30分では・・・
と目安にできます。

しかし、10分の作品でも3人4人とできるように思いますが、
そこはテクニックということで。

とりあえず、多すぎてわからなくなるのは避けましょう。


登場人物設定

登場人物には詳細設定をしたほうがいいでしょう。
そうすると
人物間の考え方や性格の対立がはっきりして、
わかりやすい進行となるでしょう。

登場人物はなんらかの 「動機」 があって行動します。
また、ドラマには 「葛藤」 も必要でしょう。
そして 「人物間の対立」
これらを意識するとよりよいドラマができるでしょう。

また、登場人物ごとに 「特徴」 を持たせるのも大事です。
一目で覚えられるような特徴を。


・ストーリー

  • テーマ
  • シチュエーションの設定
  • 場面状況の説明
  • 登場人物の設定
  • 人物の所作、表情、表現
  • 劇的葛藤の進展と結末
  • 音響効果