※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「デバッガーの悪夢」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

デバッガーの悪夢」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *デバッガーの悪夢
-
->デバッガーの悪夢
+>
+>&bold(){デバッガーの悪夢}
 >ストラテジー
 >使用コスト:青1無1
 >タイミング:クイック
 >
 >あなたはバトルスペースのスクエアにある対象の自分のユニットを2枚選び、それぞれのユニットをもう一方のユニットがあるスクエアに、それぞれのフリーズ/リリース状態を変更せずに置き換える。このカードをゲームから取り除く。そうする時、このカードがプランゾーンからプレイされたならば、このカードをゲームから取り除くかわりに持ち主の手札に加える。
 >
+
+([[フレーバーテキスト]]なし)
+----
 
 自分の[[ユニット]]の位置を交換する[[ストラテジー]]。
-[[パラドクス・ストーム]]と違い交換後[[リリース]]しない為、擬似速攻としては使えないが、ユニットの位置を変えるカードとしては最もコストが軽い。
-[[妖魔の勇者]]など、相手ユニット隣接時に発揮される効果を不意打ちで発動させたり、「[[スクエア]]に
-置かれた時~」の効果をクイックタイミングで使用したりする事ができる。
+[[パラドクス・ストーム]]と違い交換後[[リリース]]しない為擬似速攻としては使えないが、ユニットの位置を変えるカードとしては最も[[コスト>使用コスト]]が軽い。
+[[妖魔の勇者]]など、相手ユニット隣接時に発揮される効果を不意打ちで発動させたり、「[[スクエア]]に置かれた時~」の効果をクイックタイミングで使用したりする事ができる。
 
-いずれの場合も、複数のユニットとのコンボ前提のカードであるため、ユニットを複数展開しやすいデッキ構成にするなどの工夫が欲しい。
+いずれの場合も、複数のユニットとのコンボ前提のカードであるため、ユニットを複数展開しやすいデッキ構成にするなどの工夫が欲しい。せっかく[[プラン]]から見えても使えないシーンがある事は覚悟しておこう。
 
 [[ファースト・センチュリー エキスパンション 激戦をもたらす者]]の特色であるプランゾーンからプレイすると手札に加えることができ、「一枚で二度おいしい」パターンの青バージョン。 
 
 -自分のユニット2体を対象とした効果であり、解決時に片方のユニットしかいない場合入れ替えは起こらない。
 
 収録セット
 -[[ファースト・センチュリー エキスパンション 激戦をもたらす者]](060/100 アンコモン)
 
 イラストレーター
 -[[安田信賢]]
+
+関連リンク(同サイクル)
+[[赤>赤の大陸]]-[[復讐の連鎖]]、[[デザート・ストーム]]
+[[黒>黒の大陸]]-[[絶望の連鎖]]、[[刻まれた思い出]]
+[[青>青の大陸]]-[[欲望の連鎖]]
+[[白>白の大陸]]-[[束縛の連鎖]]、[[ロボットの3原則]]
+[[緑>緑の大陸]]-[[食物の連鎖]]、[[バーサーカー・ドラッグ]]




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー