※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エンジェル・ソウル



エンジェル・ソウル
ストラテジー
使用コスト:白1
バトル

それぞれのプレイヤーは自分のスマッシュゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主のプランゾーンにあるカードを裏向きにした後、持ち主の山札の一番上に裏向きで置く。
プランゾーン効果 (このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有効になる。)バトルスペースのスクエアにあるすべての相手ユニットのスマッシュを-1する。




勝利への計略で新たに登場した、プランゾーン効果を持つソウルの1枚。白はそのスマッシュ回復効果にちなんでエンジェルの名を冠する。

敗北から遠ざかるとはいえ手数もそのぶん減ってしまうということで、現状ではいまいち能動的に使いづらいスマッシュ回復効果。
一応このカードの効果は全プレイヤーに及ぶため、タイミングを本当に上手く見計らえば「相手のスピードを殺し」つつ「こちらのダメージを回復」などといった器用なこともできなくもない。おまけに他の守り抜く決意派生カードとは異なり、このカードはスマッシュゾーンのカードをそのままデッキの一番上に置くため、緊急時のプラン潰しの仕事も一応こなせる。→プラン
とは言え、「使用して確実に有利になる」ことが保障されないカードを強力とはさすがに言いがたく、プレイ時の効果はタイミングが上手く噛みあった時のオマケ程度に考えるのがいい。

というわけでこのカードをデッキに投入するならばメインはプランゾーン効果ということになるのだが、この総光の牢獄効果はかなり強力な部類に入る。相手の1ターンを丸々潰せることもあるし、そうでなくても返しの反撃を気にせず総力突撃できるようになるのはおいしい。
素の効果があれなので、複数枚デッキに入れると手札で腐ったりすることが多い。デッキには1枚挿ししといて適時に計画的な未来でサーチするのも選択肢の一つ。

  • 他の派生カードと比べ使用コストが最も軽いので、超速攻系のデッキが台頭するようならば多量投入も悪くないかも。なんだかんだいって上手くハマった場合、たった1コストで相手の思惑を狂わせられるのは強い。


収録セット

イラストレーター





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー