※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蠢く死者(うごめくししゃ)



蠢く死者
ストラテジー
使用コスト:黒2無2
ノーマル

あなたは自分の墓地にある対象のユニットを1枚選び、自分のユニットのない自軍エリアか中央エリアの対象のスクエアにフリーズ状態で置く。ターン終了時に、あなたはそのユニットをゲームから取り除く。


「下ごしらえが肝心なの。まず念入りに殺してから魔法をかけなきゃ。」~イビルアイ・アサシン~


冥界の門に続く黒のリアニメイト?ストラテジー
こちらも墓地のユニットを再利用するのだが、こちらは使用コストを選ばない代わりに、対象はフリーズ状態でスクエアに置かれてしまう。
これにより冥界の門と比べ単体での利用が難しくなっており、普通にプレイすると一回限定対ユニット用の弾にしかならない。

このカードを活かしてやるならば、選択肢の一つとして「フリーズを必要としない能力」を持つユニットと組ませるというのがまずある。特にささやく人形ドロシーリュウグウテイオウなどの破棄ユニットは、自身の効果で墓地に置かれるため対象にしやすい。相手ユニット1体を踏み潰した上で、さらに別のユニットを対象に効果を起動できるならば御の字といったところ。
またバーニングスケイル・ドラゴンなどスクエアに置かれた時に誘発する能力を持つユニットや、自身のフリーズ状態が問題にならない真珠貝の褥の魔女などのユニットもベターな選択肢。

その他組み合わせは多々あるが、やはり本命はフリーズ状態のユニットをリリース状態にする効果か。
王家の墓標輸送戦鬼貪欲丸などは、単体で使うよりもこういったコンボ?に組み込んだほうが能力が活きる。
また、マーダラー・マンティスギガント・リヴァイアサンドガン・バゴーンなどの自身の効果で自身をリリースできるユニットとの相性は最良といえるだろう。

しかしいずれにせよ、ターン終了時に対象ユニットがゲームから取り除かれてしまうのが最大のネック。スクエアを離れてしまえば効果は消えるので(下項Q&A参照)、そこを利用した転送ステーション歌声の魔方陣との併用も一考に値するか。

以上が、ファーストセンチュリーでの限界であったが、セカンドセンチュリーにて除外されたカードを墓地に戻す効果を持った、時空を歪める者シュレーゲルが登場したため、除外されてもそれほど問題では無くなったと言える。
使用例として、墓地に時空を歪める者シュレーゲル幻影王ルドルフを墓地に落としてあり、スクエアに引く潮シララアンがいる状態で、蠢く死者幻影王ルドルフに使い、引く潮シララアン幻影王ルドルフを起こし、更に幻影王ルドルフのテキストを使用し、時空を歪める者シュレーゲルを墓地から自軍エリアに出し、次の自分のターンに中央エリアに時空を歪める者シュレーゲルを移動させると、
蠢く死者で除外された幻影王ルドルフが墓地に戻ってくるという事が出来る。

とにもかくにも単体での活用が難しい分、悪用のしがいもある上級者向けのカード。


  • 蠢く死者の対象となったユニットがそのターンの間にスクエアを離れた(墓地に置かれた、手札に戻った、など)場合、そのユニットはゲームから取り除かれない。ストラテジーや能力の効果は、特に記載がない限りスクエアに置かれているカードにだけ影響を与えるからである。従ってこのカードがゲームから取り除くのは、ターン終了時にスクエアに置かれているユニットのみ。(Q&A No. 514より)
    • ゾーン?間の移動によってターン終了時の効果はリセットされる。即ち、蠢く死者の対象となったユニットを歌声の魔方陣で手札に戻し、さらにそのユニットを魔方陣の効果でスクエアに置くことができる。その場合、対象となったユニットはターン終了時にゲームから取り除かれない。

  • 蠢く死者の効果でスクエアに置かれたユニットが投擲戦鬼竜巻王の能力の対象になった場合、蠢く死者の「ターン終了時、ゲームから取り除く」という効果と竜巻王の「ターン終了時、持ち主の墓地に置く」という効果のうち、どちらを先に解決するかはアクティブプレイヤー?であるあなたが選べる。先に竜巻王の効果が解決され墓地に置かれた場合、それはやはりゲームから取り除かれない。


収録セット

イラストレーター





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー