※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード・アドバンテージ


  • この項目はスタブ(書きかけ)です。何かありましたら追加をお願いします。


アドバンテージ概念の一つ。
リソース(資源)の一要素であるカードに着目し、その「カードの質」あるいは「カードの量」のどちらかに発生した優位性のこと。
TCGにおいてカードとはまさにゲームの根幹であるため、このカード・アドバンテージが全てのアドバンテージの中でもよく基本とされる。


一般的にカード・アドバンテージについて語る場合は、このうちカードの量(quantity)について述べられている場合が多い。

カードの量についてのアドバンテージ


カードの量についてのアドバンテージの基本概念とは、即ち「カードを持つ枚数が多いプレイヤーは、カードを持つ枚数が少ないプレイヤーよりも有利である」ということ。
この量についてのカード・アドバンテージに関しての利損関係とは、基本的に以下の二つ。

  • 「カード・アドバンテージを得る」ということは、「相手が得たカードに対し、自分がそれよりも多い枚数のカードを得る」ということを示す。
  • 「カード・アドバンテージを失う」ということは、「相手が失ったカードに対し、自分がそれよりも多い枚数のカードを失う」ということを示す。
    • 例)対戦相手があなたの飛行戦鬼紅蓮朱雀を対象に死神の鎌をプレイした場合、あなたは自身のエネルギー1つを破棄しなければならない。このやり取りによって対戦相手は死神の鎌1枚を失ったのに対し、あなたは紅蓮朱雀1枚とエネルギーゾーンのカード1枚、合計2枚のカードを失った。結果あなたは1枚分のカード・アドバンテージを失い、対戦相手は間接的に1枚分のカード・アドバンテージを得たことになる。


またこのゲームでは、ユニット同士のバトルによってカード・アドバンテージが簡単に発生する。
単純な話ユニットがバトルに1回勝つたびに、そこに少なくとも1枚分のカード・アドバンテージ差が発生していることになるからだ。このアドバンテージの背景として、移動用のエネルギーさえ潤沢にあれば好きなだけバトルを仕掛けられるこのゲーム独自のシステムの存在がある。
  • そのためサイズの大きいユニット(=より多くのバトルに勝つことができるユニット)は、それが場にあるだけで既に潜在的なアドバンテージを発生させているといえる。


他のゲームではしばしば重要視されるこの量によるカード・アドバンテージだが、とはいえプランによるカード獲得が容易なこのゲームではカード1枚の損得差による影響はさほど気にされない(これは前述の「バトルによって簡単にカード・アドバンテージが収奪される」ことに起因するところも少なくない)。



他方で「カードの質(quality)」に着目したカード・アドバンテージも存在する。

カードの質についてのアドバンテージ





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー