※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緑の大陸(みどりのたいりく)


単に「緑」とも呼ばれる。
ディメンション・ゼロの世界に存在する五つの大陸のうちの一つ。
この五大陸にはそれぞれが持つ雰囲気に応じたメカニズムが独自に配分され、ゲームや世界観に深みを与えている。

特性(緑の大陸が得意とするメカニズム)




見ての通りエネルギーの利用・干渉に特化した色である。ことアドバンテージとエネルギーの関わりが強いディメンション・ゼロにおいて、それはとりもなおさず非常に強力なメカニズムとされる。
その強さゆえ禁止指定を受けた大巨人クレーター・メーカーの悪名は高く、緑の大陸は初の「禁止指定を受けたカードを抱える色」という不名誉な称号を授かることとなってしまった。

ユニットの特徴としては、白の大陸と同程度にバニラ?が多く基本サイズが大きいことが挙げられる。その分移動コストは高めに設定されており、全般的にコスト・パフォーマンス?がよい。


グランプリ成績


  • 「緑ゲー」「クレーターゲー」とさえ呼ばれた今環境は、「ペスト8に緑の入っていないデッキがない」という異例の状況を引き起こすまでとなった。この小さな巨人によって殆どのデッキが「対クレーター用に自分もクレーターをデッキに入れる」あるいは「対クレーター用に自分も緑のエネルギー加速カードを入れる」かの選択を迫られ、結果として全体の3/4のプレイヤーが緑単ないし緑を含むデッキをチョイスするまでに至った。
  • 優勝者に青緑メタ?デッキオペラハウス、準優勝者にクレーターミュラーを輩出。

  • クレーター禁止後初のグランプリとなったが、全体の使用率は七割弱と相変わらずの人気であった(ちなみに一番人気は黒の90.43%)。今大会では特に黒緑ファッティ?デッキであるゴッドルドルフの躍進がめざましい。
  • ベスト8のうち実に五名が緑を含んだデッキをチョイスし、そのうち四名がゴッドルドルフである。

世界観


常に成長・変化を続ける森が大陸全面を覆い、そこに生息する種族たちは絶えず生命の淘汰に晒されている。それらの種族たちはその進化の過程において遺跡の科学技術を取り込み、肉体と技術の融合に成功した。この「機械との融合」の進化理念は成長し続ける森にさえ伝播し、大陸は太古技術との共生を果たす。
都市などによる国家統制の理念は強くなく、エルフの里がわずかなコミュニティとして存在するのみ。

支配種族はジャイアント

緑の大陸の種族

ベーシックパックフレーバーテキストから読み取れる世界観。









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー