※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相手よりも手札の枚数が多い状態を、「ハンド・アドバンテージがある」と言う。
手札が多ければ多いほど、行動に関して選択肢が増えるので、有利であると考えられる。
また、相手からすれば何が来るか分からないのでプレッシャーにもなる。

ただし、多ければ良いというわけでもない
エネルギーが少なく、手札のカードのコストが重くて使えないのでは意味が無いからである

すなわち、手札ドローの有用性を含んだ概念である。
手札からバードマン・ソウルを使うと手札の総数は変わらないが、不用なカードを新しいカードに変えた上、残りのゲームの間ずっと1回分ドローを先取りできることになるので、ハンド・アドバンテージを大きく稼ぐことができる。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー