※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暗黒街の闇市(あんこくがいのやみいち)



暗黒街の闇市
ベース
使用コスト:黒2無2
クイック

[このカードを持ち主の手札に加える] 《バトル》 あなたは、このカードと同じラインのスクエアにある対象の黒か青の自分のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+4000し以下の能力を与える。『このカードがバトルに勝った時、そのバトル終了時に、このカードを持ち主の墓地に置く。』




効果に[このカードを持ち主の手札に加える]をコストとするベースは以下の共通点を持つ。
  • 破壊されたり捨てさせられない限り何度でも使える。
  • 再利用が可能な分同じ効果を持つストラテジーより使用コストが重く設定されている。
  • とりあえず置いておくことが出来る。

ユニットの相打ちを狙うカードなのだが、自分のユニットに対してしか使えないため、絶対に相手のユニットを倒せる、という保障がないのがネック。
自分のユニットを確実に自殺させられるといった面もあるが、このカード自体がベースなこともあり、呪われた館といった優秀なベースとすこぶる相性が悪い。

色の関係があるとはいえ、黒のユニットに対して使うならばまだ機械の墓場の方が使い道があるのではないだろうか。
さらに言うなら冥界の通廊シャドー・ソウルの前ではどうにも霞んでしまう。

  • 対象のユニットが同じラインにいない場合、この能力をプレイすることは出来ない。例えば、このカードに対して神々の雷を使用されて、このカードを手札に戻して救おうとしても、条件を満たしていないと手札に戻すことは出来ない。

  • 自分のユニットが攻撃された際に、修正後のパワーで相手ユニットのパワーを上回れる場合には、バトルダメージをスタックに乗せてからこの効果を起動すると良い。こうすれば「バトルの勝敗結果は引き分けになる」為自分のユニットは破壊されず、相手ユニットはルールエフェクトによって破壊される。ただし、強化前の双方のユニットのパワーが同じ場合、バトルダメージの応報によって相手ユニットを破壊してしまい結果的にこちらがバトルの勝者になるため、ユニットを生き残らせる事はできない。詳細は下記の例を参照。

例: 自分の殺意の魔煙キラー(4000・防御側)VS相手のジャグリング・パペット(6500・攻撃側)のバトル中、殺意の魔煙キラーに対してダメージスタック後に効果を起動したとする(パワー4000→8000)。
双方スタックに乗ったダメージを与えるが、それぞれパワー以下のダメージ(4000/6500)なので引き分け(殺意の魔煙キラー及び暗黒街の闇市の後半効果は誘発しない)。
攻撃側のジャグリング・パペットはルールエフェクトによって破壊される、といった流れになる。


収録セット

イラストレーター





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー