※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァンパイア・タッチ



ヴァンパイア・タッチ
ストラテジー
使用コスト:黒2無2
クイック

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象の自分のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。あなたは自分の墓地にある使用コストがこの効果で墓地に置かれたユニットの使用コスト+2以下のユニットを1枚選び、この効果で墓地に置かれたユニットがあったスクエアに、フリーズ状態で置く。


「吸血鬼こそ至上の存在。他の大陸の力を借りる必要などない。」~幻影王ルドルフ~


墓地のユニットを活用できるカード。

テキスト通り、より大きなユニットを出すのが通常の使い方。
また相手のユニット移動や除去ストラテジーにスタックしてプレイすれば、返り討ちや除去を回避しつつユニット展開などが期待出来る。

このカードを使うなら出来るだけ無駄にならないように使用コストが近いユニットデッキを構成するなど、より工夫があるといいだろう。

使用コスト、効果の関係上、バン・ババンなどのデメリット持ちユニットと相性が良い。
デメリットを完全に無視した上、4ターン目にスクエアに出せる。

もっともこのカードが手札にあればこそそれらの動きも期待も持てるが、バトルスペース上の自分のユニットが一掃されプランによって場を盛り返そうとしている場面でこのカードをプランしても何も出来ずに終わってしまう。あくまでこのカードはスクエア上のユニットとのコンボカードであることを忘れないように。 同様の動きをするカードでも冥界の門であれば、このカードより確実に重くはなるだろうが、上記のような場面でも活躍が期待出来る。

収録セット

イラストレーター




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー