2ch北米板・食生活@Wiki ターキー丸焼き

ターキー・ディナー 2007-12-24 by Orange

12lbsのターキーにレモン・ライムを詰めてローズマリーを貼り付け、オーブンバッグに入れて3時間焼きました。


ターキー丸焼き 2006-12-24 by Orange

今年は小さめで10LBのYoungターキーが見つかりました。
レモン3個とライム2個を詰めて、オーブンバッグには入れずに焼きました。
350度F(約180度弱)のオーブンで、ターキーの中が90度Cに達するのに
なんと7時間もかかってしまいました。
去年と同じオーブンで、去年は17LBのターキーをオーブンバッグに入れて3時間で焼きあがっています。
やはりオーブンバッグの威力は大きいようです。
しかも、オーブンバッグに入れた去年の方がジューシーに焼けていました。
今年は時間がかかっただけでなく、かなり乾燥してパサついてしまいました。
レモン詰めは大成功で、さっぱりした風味が大変気に入りました。

お野菜も、去年は蓋をして焼いたのでジューシーな蒸し焼きになりましたが、
今年は蓋無しで長時間焼いてしまったので、パサパサになってしまいました。
レストランで食べるアンティチョークが竹の子のように美味しかったので、初めて買ってみましたが、今回のオーブン焼きは失敗でした。
竹の子もそうするように、下茹でしないとだめなのかも。

まとめ
・オーブンバッグを使ったほうが短時間でジューシーに焼ける
・レモン詰めはVery Good


ターキー丸焼き 2005-12-24 by Orange

ThaknsGivingDayには焼かなかったので、今回 クリスマスに焼いてみることにしました。はじめて焼きました。

小さいものを探しましたが、一番小さいのでこのサイズ、17Lb(約8kg)もあります。
あらかじめ切り取られて袋に詰められた頭と内臓が2袋、中に入っています。
これを出さずに焼いてしまうと大変です。穴が2つあって、よく探すと必ず2袋入っています。
今回は初めてなので、スタッフィングは無しにしました。
オーブンバッグに入れて、350度F(約180度弱)に設定したオーブンで3時間焼きました。
オーブンバッグに入れると半分以下の時間で焼きあがるそうです。
バックにいれずに焼くと、6~10時間以上かかったのではないかと思われます。
味付けは全くしていません。グレービーソースは脂っこくてあまり好きでは無いので、ニンニクしょうが酢醤油でさっぱりと和風タレで頂きました。
クランベリーソースも自作で、無加糖で10分ほど茹でました。
クランベリーはすぐに柔らかくなり、簡単です。
野菜類(ジャガイモ・にんじん・芽キャベツ・ブロッコリー・マッシュルーム)はパンに入れて蓋をし、オーブンの下段で蒸しました。大きいオーブンが上下2段についていますが、下を使ったのは初めてです。
思ったより簡単に、とても美味しく焼きあがりました。

反省点
・オーブンバッグがターキーの皮にくっついてしまい、袋から出すときに皮が剥がれてしまいました。
ターキーを入れる前に、オーブンバッグの中に小麦粉を入れて少し振っておくと良いようです。
・ターキーにタコ糸がついていましたが、生で見たとき形がしっかりしていたので縛りませんでした。
焼きあがってみると足が伸びて開いてしまったので、やはり縛って焼いた方が良かったようです。

クランベリーは無加糖では全く甘みがありません。私は好きなので、多めに作って保存します。
焼酎やウォッカに混ぜたり、ソーダや水でジュースにしたり、ヨーグルトや牛乳に混ぜたり、ジャムとしても使えます。