※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
多くの幸運を生まれながらに持っている輝かしい基本運勢の持ち主です。
金曜日生まれは、有形、無形に関わらず、多くの幸運を持ち合わせています。例えば、親の財産だったり、親の七光りなど生まれながらにして幸運な環境に身を置かれている。そのような環境に生まれていない人々でも、優秀な頭脳や、素晴らしい容姿、何かに秀でた才能や技術、あるいは類い希なる芸術才能など、実際の生活環境が裕福にスタートしていない場合でも、必ずや他の「人より秀でた何か」を、多くの場合「複数」持ち合わせているという特徴があります。もちろん、その幸運や財産(経済力という意味だけではない)を充分に行かすチャンスが自ずと向こうからやってきて幸運になれる機会が多く与えられています。
しかしながら「やったぁ~自分は金曜日生まれだ!これだけで自然と成功者になれる!」っと手放しで喜んではいけません。詳しくは別の機会に解説しますが「運勢バランスの法則」というものが的確、明確に作用するのがこの土曜日生まれですので注意が必要です。つまり「幸運に見合っただけの、不幸が訪れる」ということになります。実際には、病気や事故、災害、誹謗中傷や、恨み妬みの類まで、あらゆる困難や障害が突然やってきますので注意が必要です。注意と言うよりは必ずやってくる災難なので、心づもりと備えが必要といった方がよいでしょう。
また「金曜日生まれが必ず大成功する」というわけでもありません。身の回りを見ていただければ分かり易いでしょう。全ての金曜日生まれが人も羨む大成功を収めてはいません。このカバラの法則を理解し「何が自分の財産なのか」「誰が自分の見方なのか」「どこが自分の巣すべき道なのか」を理解する必要があります。本来は「相当な運動能力を持ち合わせている」にもかかわらず「学者を目指す」としても運命は思う存分は開花しません。ただし、その場合でも持ち前の強運で、違った世界でもある程度のところまではいく。ということにはなりますが…。


カテゴリ: [曜術?] - &trackback- 2008年02月10日 14:44:41

#blognavi