※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
「暗闇」から「栄光」を目指す基本運勢。
暗く冷たく、何も存在しない、いわば「無」の状態からスタートする。あるいは激しい試練の中、厳しい環境中から出発することが多い。しかし、その環境を堪え忍び自らを鍛錬していくと、ある時期突然に「幸運の光に照らされる」ということがおこるサクセス運を持っています。
人生の前半、あまりにも暗く、辛く、苦しい時間を過ごさねばならないため、人によっては自暴自棄になったり、荒れたり、絶望したり…つまり自分から絶望に向かって不幸の深淵に向かってしまう行動を取ることが多々あります。これは「カバラ大秘法」の法則を知らないがために不幸な運勢を選択する典型例です。たとえ、かなり辛くとも後半かならず報われ幸運に向かいますのでその日を迎えるまでひたすら頑張らねばなりません。
例えるならば、真っ暗闇の深夜から日の出を迎え日中の熱い太陽が照りつける時間までの動きを創造すると良いでしょう。必ずや夜は明けます。
しかしながら、ただ待っていれば、時間を過ごしていれば、必ずしも全ての人に幸運がやってくるわけではありません。いざ幸運の光が照らした時期に「照らされるべき実体」がないと、いかにもそこには何も存在していないかのように光に潰されてします結果になります。そうならないためには、暗く辛い時期に、努力し鍛錬して基礎固めや実力、人間力の幅を付けておくことが必要です。いざ光に照らされ始めたときに大きく輝けるように…。


カテゴリ: [曜術?] - &trackback- 2008年02月10日 14:47:10

#blognavi