※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MIDI-CV変換器1

機能

AVR ATtiny2313を使った、MIDIからアナログコントロール電圧を取り出すコンバータです。
1-pitch CV、3-CV、4-Gate。
10音メモリのレガート。リトリガも発生できます。

製作情報

  • 回路図 midicv1.gif
    • 最新版は midicv1-1.gif です。フィルタの定数を変更しました。
  • プログラムリスト midicv1_1.lzh
    • 最新版は midicv1_1.lzhです。midicv1.lzhにあったバグを修正しました。デフォルトのMIDIチャネルを0に変更しました。
  • データシート attiny2313

設計・製作のポイント

ポイント

MIDI ch/CV/GATEアサインの変更にはプログラムをいじって再コンパイルする必要があります。
現在は高音優先の発音ですが、後着優先もコンパイルオプションで切り替えられるようにする予定。

FAQ

製作途中です。ソフトウェアにもまだバグがあります。

最初の一音のみ出て、それ以降反応しなくなる
midicv1.lzhでMIDIチャネルが合っていない状態でMIDIメッセージを送るとこのような症状になります。midicv1_1.lzhを適用し、MIDIチャネルを合わせてください。


コメント

  • CV1/2/3 のサレンキーフィルタが、この定数では発振する可能性があります。 -- Chuck (2006-11-09 07:16:34)
  • フィルタの定数を変更した回路図 midicv1-1.gif を掲載しました。 -- Chuck (2006-11-16 20:58:59)
  • ソフトバグ:使用していませんが、Pitch Bend のデータパース部にLSBとMSBを入れ替えてしまっているバグあり。後日修正します。 -- Chuck (2006-11-16 21:00:17)
  • Pitch Bendを利用する場合はCV出力するマクロをいじる必要があります。 -- Chuck (2006-11-23 20:26:13)
  • 機能が増えたので新しいページに記載します MIDI-CV変換1.5
  • 今後こちらの MIDI-CV変換1 に機能追加は行わない予定です。 -- Chuck (2006-12-10 07:03:50)
  • 遅ればせながら、MIDI-CV を製作すべく、Chuckさんのリソースをありがたく利用させていただこうと思ってます。(しろうとにもわかりやすそうな1.1でやります。1.5でなくてすみません)こちらのソースコードは、WinAVRでビルドを想定ですか?それともAVRStudio4+gcc?両方やってみればすぐにわかるはずではありますが :-) -- gan (2008-03-28 12:00:31)
  • これ、WinAVR ですね。Makefile をよく読めばわかることでした。WinAVRでビルドできました。お騒がせしました。 -- gan (2008-03-28 23:13:32)
名前:
コメント: