※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FOR普通の狩り

  • 実装編
必須技能
煉獄 略式結界 奇門遁甲 光ボウ華の4つあれば平気
あればいい技能
呪縛 結界4 外丹法2 周天法改 大周天

ちなみに俺の実装は
「煉獄、奇門遁甲 光ボウ華 大周天 外丹法2 呪縛 結界4 略式結界 禁呪・絶 禁呪・縛」です。

なお、何故吹雪、竜巻、万雷ではないのかと言うと
普通の狩りの場合はまず攻撃呪霧をいれて、相手の火属性が弱まってる状態が多いため煉獄がもっとも効果的と言われるためです。
もっともダメージで言うなら実感それほど変わりませんので
他の術でもかまわないと思ってます。

  • 動き方編 
たいていの雑魚敵の場合、馬鹿のように煉獄撃ってれば役目は務まります。
ちょっと生命の多いと思われる敵には1,2回大周ありでの全体を撃てば平気です。
雑魚戦闘で自分の徒党がピンチになりそうな時は呪縛を使いましょう。たとえ2体くらいにしか入らなくても充分効果はあります。

  • 装備編
重要視する順番は生命>気合>耐久です。
腕力・器用・魅力なんていりません。知力はあればいいですが実感すぐにマックスいってしまうので必要ないでしょう。

FORボス戦

  • 実装編
必須技能
禁呪・絶 周天法改 大周天 五雷法 結界4
あればいい技能
呪縛 低速呪霧 暗黒呪霧 外丹法 略式結界 奇門遁甲 いずれかの全体 催眠 光ボウ華 禁呪・縛
必須技能とあればいい技能をあわせると15個になりますので、下の10技能はお好みですね。
封神ははっきり言って経費削減以外にはあまり意味がないでしょう。
自分の実装
「禁呪・絶 禁呪・縛 略式結界 結界4 周天法改 大周天 五雷法 呪縛 奇門遁甲 煉獄」
状況によっては禁呪・縛を抜いて低速をいれる時もあります。
なお、催眠は魅力が高ければ有効ですが、俺の場合は知力装備なのであまり効果が期待できない為入れてません。

  • 動き方編
仙論はサポート特化のはずですが、現在の位置はアタッカーです。なので必然的に攻撃役になります。
基本的には周天法改>大周天>五雷法となります。
しかし、忍者が徒党にいない場合は開幕1(つまりボスまたは武将)に禁呪・絶をする事が多いです。好みでは開幕低速もありだと思います。俺自身もそうしてますし。
後は、物理攻撃が強い敵が多い場合、鍛冶屋の鎧の極みが切れた場合などは呪縛をする事で多少危険度を和らげる事も必要かと思います。
禁呪・絶がある為、一見術止めも仕事の内に入ると思いがちですが、実際の所あまり術止めをする事はありません。主な理由は3つです。
1、絶では相手の気合を削れないため
2、絶で止めた場合、敵の次の行動が準備ありの物だったら100%絶は入らない為(仕様です)
3、大周天は時間で切れるため止めるための時間が惜しい。
以上の事を踏まえて、それでも止めた方がいいと判断した時のみ止めていきましょう。
ただ、1つ加えると「止めない」のと「止められない」のとでは大きく違いますので、あくまで止められるようにスキルを磨く事は必要です。

  • 装備編
個人的には知力と生命の2点に注意すればいいと思います。
最低ラインは「生命2300」「知力350」「防御300」です。
催眠を使う場合魅力も320くらいはあった方がいいかもしれませんね。
他に関してはあればいい程度です。まぁ腕力だけはまったく必要ありません。

about仙論の豆知識

昔からの疑問であった禁呪・絶と縛は何の能力依存なのか、ですがこれは両方とも知力依存のようですね。依存で言うと
攻撃術:知力+該当する属性の値
呪縛:知力
催眠:魅力
低速呪霧:知力+風属性
暗黒呪霧:知力+土属性
禁呪・絶&縛:知力
となります。

攻撃術のマックスダメージ(あくまでこの数値の前後だと思ってください)
煉獄・吹雪・竜巻・万雷:800(奇門は1700)
五雷:ノーマル1300、周天改1600、大周天2400、周天改+大周天3200くらいです。
封神:ノーマル2000 他の条件についてはした事がないのでわかりません。
光ボウ華:ノーマル800(死霊系には1100)、周天改1000、大周天1500、周天改+大周天2000

対人について

基本的に仙論は陰陽3特化中もっともタイマンに弱いです。
何故かというと攻撃力がないからですね。
どうしても気合切れを起こし決定力に欠けます。
よってソロ対人については書く事ありません。
どうしても弱いからです!
あえて言うなら催眠>大周天>待って五雷法>投げ丹>投げ丹ですかね。

では徒党戦では上の狩りやボスについて書けるかというとそうでもありません。
理由としては個人的にもベストなやり方ってのはないと思ってるからです。
その状況にあわせた動きをするのが一番大事な対人戦闘にどうすればいいというのはありません。
でもいくつか俺が気をつけてる点は
1:対人においては「殺したい」のから攻撃ではなく「殺せる」のから攻撃
2:陰陽はあまりマークされないため比較的自由に動ける(沈黙を除く)
3:沈黙はまずかかる物だと思っておく。解呪薬を忘れるなんて論外
4:投げ丹は陰陽が使用するにはかなり使い勝手いい、特にとどめを刺すのに最適。
てな所です。



・注意事項

その1:沈黙がかかってる相手に呪縛系を入れるとそちらが優先させてしまいますので気をつけましょう。
その2:金縛り&禁呪・絶は一回止めた相手の次の行動が準備ありの物であった場合確実に入りません。
その3:低速を幻惑と同じに考えてはいけない。
低速:ウェイト◎命中△回避△
幻惑:ウェイト×命中○回避○
という感じです。



名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
-[[各職業攻略]]
-[[ボス関連]]