古神典

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・狩り・

[実装]
必須◆気合い韻、詠唱付与、援護射撃、全体解呪。
他は、徒党構成、敵に合わせて!(↓動き方参照)
スロットに余裕があれば、与生気も入れちゃって、隠しや眠りで進む場合これも入れちゃうと便利w

[動き方]
◇釣り入ってなぃ場合、気合い韻から。
◇物理アタッカーさんいれば気合い吸収から。
 (0距離にも有効)
◇攻撃が痛い場合、早めに回復さんへ詠唱を配る。
 (仏門の開眼は詠唱で上書きなります。)
◇プチ長期戦で、鍛冶屋さんが一緒なら、英明などでめっき。
◇気合いダメージのある敵には、神威・祝典がぃぃかんじです^^
 (対象の魅力依存ぽぃので、人によっては祝より神威の方効果が出る場合も。。。)
◇戦闘後、与生気をいっぱいまわす場合、戦闘の最期に神威いれると自分が楽+戦闘後 の回復短縮できます^^



・ぼすとか・

[実装]
必須◆気合い韻、詠唱付与、援護射撃、全体解呪、英明、意気昂揚、天恵、(金縛り)
他は、徒党構成、敵に合わせて必要なものを!

[ボスとか]
開幕の動きは構成によっていろいろですが。。。
回復さんへの詠唱。気合い韻。鍛冶屋さんのめっきがある状態にし、この状態を保ちつつ、天恵を配って行く感じかなぁ。
(体感的には、付与が多い人ほど単体看破、霧散がきやすいので、↑の状態+他の人に天恵状態がべすとかもw)

◇韻と付与について◇
気合い韻はみんな必須!!!
付与のつく韻は、味方全員に▲がつく利点に対し、全体看破、霧散をひきおこす可能性が高いので、1回で1人に付与4こつけれ、間接的に詠唱、鍛冶屋さんの極み+めっきなどの保護を含める可能性が少しでもある天恵に方が使いやすいと思います^^
天恵を配る順番はその時の状態によってですが、物理アタッカーさん、術止めをする方優先で配ってます^^
陰陽さん、武士道さん、術忍さんには特に状況に合わせてで配るのがポイントかも。。。



つづく。。。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー
-[[各職業攻略]]
-[[ボス関連]]