※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸せとは私が求めるものである。


皆、幸せに成りたいと望んでいる。
恐らくそれは間違いの無いことだろうと思う。

しかし、そもそも「幸せ」とは何であるのか。
辞書を引くと以下のようである。

「幸せ」は、物事が望ましい方向に運んで、満足できる状態にあり、
それをやや主観的にいうのに用いられることが多い。
RuigoReikaiThesaurusDictionary,Shogakukan1994/類語例解辞典小学館1994.


自身の望みどおりになること+満足できること、の二つなのか。
「幸せに成りたいと望んでいる。」というとトートロジーであるように感じられる。

私が求めるものが幸せであり、
幸せの意味が求めるものが叶うことであるならば、
私はどう生きるべきか。

時間における幸せ

「求める」とは未来へ向かう気持ちである。
そのため、将来叶うとも、求める事柄は現在には現れることは無い。

過去求めたものは現在において現れうる。
過去の行いが現在に表れることはあるのかもしれない。
しかし、過去の望みと現在の望みは異なっていることは多い。

そもそも未来や過去とは何であるか。
それは自分自身においては現在の予想(不安)や思い出(後悔)の中に顕れる。

自分の進んできた道やこれから進む道は、
今立っているところへ不完全な形で内包されている。

幸せについて考えるのは人生においてほんの一瞬の「現在」である。
その瞬間において幸せだと感じられることが重要なのだと思う。
名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー