GravityZero 設定集 ロウ








実際の世界

構築中

序章:世界

一章:空間

二章:施設

GravityZero
┗存在しない

Chaos
┣中核都市
┗王の棺

SkyBlue
┣浪漫喫茶 蔵美亭
┗ゲート(浮遊石

Soil
┣ワールド
┗ゲート(ワールド

三章:神器

結晶
┣ガルド・クラスタ
┗ガルド・フラグメント

グリモア
┣マテリオール
┗エーテリオン

四章:領主

ABYSS
┣セラウフィア
┣アエリルム
┣スクトロア
┣ドライアズ
┣ヒュヴァトニア
┗ソパーズ

ハルモニア
┣ハルモニア
┣ガーディアン
┗ラウド・スフィア

ティアーズ
┣ティアーズ
┣ロウ
┣チャーム
┗アイテム

五章:ルール

六章:データ


更新履歴

取得中です。



旧コンテンツ






※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この項目は未承認です

ロウとは?


ロウとは強力な意志力です
このロウにより、法則の違う異世界でも術技を使うことが出来るのです。


ロウによって得られるもの

まず確認しなければならないのは、ロウが作用する範囲です。
ロウの効果範囲は自分自身 です
この自分自身が適用されるのは、自身とチャームの二種類となります。

自己装着 -Equipment-

自分が世界にとって「排除対象で無いこと」を誇示します。
これに必要なロウは世界によって可変します。
自己装着必要値より、大幅にロウが足りない場合は、重度のペナルティを課せられます。

自己定義 -Define-

自分がどのような存在であるか、知らしめることが出来ます。
これによってチャームから、術技を引き出す事が出来ます。

⇒解釈
チャーム自身が、どのような作用を齎すかを覚えており、
自分がどのように動くかをロウによって、作用させる。

他者定義 -Breath-

通常は行使できませんが、自分の行動を犠牲にして、他者を定義することが出来ます。
この際他者は通常より大きな力が引き出せます。
逆に行使する旅人は無防備となり、実に危険な状態となります。
通常は戦闘区域外など安全といえる場所からの、行使が基本と成ります。

過剰定義 -Pandemonium-

過剰にロウを用いて、一時的に全力以上を引き出します。
自己装着分のロウも用いるため、使用後は何らかのペナルティを受けるでしょう。
最悪「存在消失」のペナルティを受けることもあります。
使い所の誤れない、諸刃の剣であるといえます。



ロウによるリスク・ペナルティ

ロウはその強力な力の対価として、ペナルティを受ける必要があります。

  • 世界からの忘却
外界へ出ることにより、世界が旅人の存在を忘れてしまいます。
忘れる速度はまちまちですが、最終的には完全に忘却します。
世界が忘却する事により、周囲の人も旅人の事を忘れていくでしょう。
例外として、忘却しないのは以下の名のみです。
・・対象の旅人と深く思いを通じる一人
・・マスター
・・旅人/ゲートリッパー

  • 存在の消失
異界において、過剰にロウを用いたときに起こる現象です
世界からその存在を消去されてしまいます
この時、周囲のヒトや旅人の記憶から消去され、更に忘れた事さえも忘却します
ただし旅人の忘却スピードは、ヒトのそれより大分ゆっくりしています

この際、消えた旅人が復活できる方法が一つだけ存在します
それは

  • 消えた旅人と思いを通じる者が、蔵美亭地下の祭壇でその名を呼ぶ事

実に簡単な事ですが、実際できる者は限りなく少ないです
何故なら、たとえ旅人で想いを通じる者であっても、覚え続ける事が困難であるためです

更に祭壇には、その旅人にゆかりある品が必要となります
それを維持するためには、それに関する記憶も必要となります

復活に失敗した場合、想いを通じた者は対象旅人が居た全てを忘却します
唯一マスターのみ忘却しませんが、時と共に忘れ行く記憶、である場合も多いです。