GravityZero 設定集 グリモア








実際の世界

構築中

序章:世界

一章:空間

二章:施設

GravityZero
┗存在しない

Chaos
┣中核都市
┗王の棺

SkyBlue
┣浪漫喫茶 蔵美亭
┗ゲート(浮遊石

Soil
┣ワールド
┗ゲート(ワールド

三章:神器

結晶
┣ガルド・クラスタ
┗ガルド・フラグメント

グリモア
┣マテリオール
┗エーテリオン

四章:領主

ABYSS
┣セラウフィア
┣アエリルム
┣スクトロア
┣ドライアズ
┣ヒュヴァトニア
┗ソパーズ

ハルモニア
┣ハルモニア
┣ガーディアン
┗ラウド・スフィア

ティアーズ
┣ティアーズ
┣ロウ
┣チャーム
┗アイテム

五章:ルール

六章:データ


更新履歴

取得中です。



旧コンテンツ





※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この項目は未承認です

グリモアとは


グリモアとは本来、外法を記した文献をあらわす言葉です。
その多くが天使や悪魔、天使や精霊を召喚するための規則を定めています。
その殆どの起源は知られていません。


ただし、この世界における『グリモア』とは、以下の二系統になります。
  1. ガルド・クラスタの用法を記したグリモア『マテリオール』
  2. 正真正銘の『神』と交渉(力を借りる)方法を記したグリモア『エーテリオン』
勿論それぞれは誰が作ったかは知れません。
更にこれらを読み解く事も、困難を極めます。
この難解な文章から一般的に、悟りの境地に達した旅人や、神自身がしるしたとされています。

ただしそれを読み解く事が出来れば、強大な力を得ることも可能です。


マテリオール

我々が知りえるガルド・クラスタの用法は、
  1. 世界創造
  2. 単体での使用
  3. 願望を叶える
の三つです。(051113現在)

ただし、マテリオールに記されているのは、それをはるかに超えた用法です。
例えば時間の流れを操作する術や、運命そのものを操る術などです。
これらは高高度に隠蔽をされ、何重もの封印が施されている場合が殆どです。
故に『マテリオール』は、ガルドクラスタ以上に希少存在です。

いかに長命なゲートリッパーと言えど、マテリオールに出会えるのは殆ど在りません。
視界に一秒でも入ったならば、それは実に幸運な事とされます。

そして、マテリオールは全て「書物」となっています。
なんらかの媒体に記された、文字情報です。
たとえそれが「生命体」であっても、それは書物として認識されます。


エーテリオン

マテリオール以上に、希少なグリモアです。
カオスとスカイブルー合わせても、数冊あるかないか。
その存在は、この世が始まってから一度も発見されたことが在りません。
発見されたマテリオールには、その存在が記されているのですが…。
エーテリオンに何が記されているかは、依然として知れません。
そのため、エーテリオンの存在自体が疑惑であると見る旅人も、消して少なくありません。

それでもマテリオールに、共通して見られる『エーテリオン』の単語は、
エーテリオンの写本がマテリオールであると、解釈するに事足りる事でしょう。

我々の眼にかかる事は決して無く、触れる事も絶対に無い。
そう言っても過言ではありません。