GravityZero 設定集 GravityZero








実際の世界

構築中

序章:世界

一章:空間

二章:施設

GravityZero
┗存在しない

Chaos
┣中核都市
┗王の棺

SkyBlue
┣浪漫喫茶 蔵美亭
┗ゲート(浮遊石

Soil
┣ワールド
┗ゲート(ワールド

三章:神器

結晶
┣ガルド・クラスタ
┗ガルド・フラグメント

グリモア
┣マテリオール
┗エーテリオン

四章:領主

ABYSS
┣セラウフィア
┣アエリルム
┣スクトロア
┣ドライアズ
┣ヒュヴァトニア
┗ソパーズ

ハルモニア
┣ハルモニア
┣ガーディアン
┗ラウド・スフィア

ティアーズ
┣ティアーズ
┣ロウ
┣チャーム
┗アイテム

五章:ルール

六章:データ


更新履歴

取得中です。



旧コンテンツ






※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GravityZero

この世は殺しあっている
何故なら、互いが互いを否定しているからだ



その主/あるじは傍観する
産声を、断末魔を、笑い声を、悲鳴を、怒りを、悲しみを。
そして…混沌を。


 存在を求める声、存在する事を願う叫び。
あの見晴らしは何処までも冷たく、暗く、そして儚い。

 太陽という存在は無く、しかし影という存在は消えることがない。
あの空は何処までも青く、白い雲が流れ、ありふれた浮遊石で支配される。

 隔離された折の中で、必死に願いを想い続ける。
あの地はすべてを許容する、母に擁かれた乳飲み子のように…


そして…

羨むものは略奪し、己の穴を埋めようと声を上げ…

一人そらを見るものは傍観し、ただ行く末のみを追求し…

駆けるものは進み、己が目的を果たさんと奔走し…。



そんな在り来たりな非日常を、その主は傍観している。
理由は誰にも知る事はなく。
ただ無言で佇んでいる。


今また、主は産声を聞いた。
それが如何なる道をたどるかを、主は知らない。
それが如何なる路を歩むのかを、主は知らない。

ただ、泡沫の夢を、主は見続けている…。



概要

全てを総括するエリア。
このディレクトリ構造上の、最上位。
命名零威空間

エリアとしての概念は、ほぼ無い。
何故ならこのGravityZeroというエリアは、「分かたれる前のエリア」であるためだ。
分かたれた後は、「器」としてしか機能していない。
実質、「存在しない終着点」となっている。