GravityZero 設定集 wg3








実際の世界

構築中

序章:世界

一章:空間

二章:施設

GravityZero
┗存在しない

Chaos
┣中核都市
┗王の棺

SkyBlue
┣浪漫喫茶 蔵美亭
┗ゲート(浮遊石

Soil
┣ワールド
┗ゲート(ワールド

三章:神器

結晶
┣ガルド・クラスタ
┗ガルド・フラグメント

グリモア
┣マテリオール
┗エーテリオン

四章:領主

ABYSS
┣セラウフィア
┣アエリルム
┣スクトロア
┣ドライアズ
┣ヒュヴァトニア
┗ソパーズ

ハルモニア
┣ハルモニア
┣ガーディアン
┗ラウド・スフィア

ティアーズ
┣ティアーズ
┣ロウ
┣チャーム
┗アイテム

五章:ルール

六章:データ


更新履歴

取得中です。



旧コンテンツ






※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワールドジェネレーション

さて、それでは。
物語の中心となる、「境海」…その中にある「世界/ワールド」について、お話しましょう。


特異空間「世界」について

世界とは、境海に浮かぶ「独自の法則を持つエリア」です。
ただし、独自の法を持つといっても

根源に位置する要素は、すべてにおいて標準化されます

根源に位置する要素とは、以下のとおりです
  • 中核/コア
  • 守護結界/シール
  • 生命循環/マナ・サーキュレーション
  • 世界の門/ゲート
  • 存在する基礎属性



これらが一つでもかけると、「世界」として機能しません。
そしてこの上に、世界独自の法則が乗ることになります。


中核/コア

世界はすべて、「ガルド・クラスタ」によって創造されました。
そして創造の際使われたガルドクラスタは、そのまま世界の中核となります。

それゆえに、世界はこの中核を柱として成立しています

万一この柱が破壊されたり、その世界内から移動されれば、世界は急速に破滅するでしょう。
最終的には、世界そのものが終焉し、残滓さえ残りません

ただし、この時。
世界外部に持ち出された、ロウが一度でも通ったものは、消滅しません


守護結界/シール

境海に浮かぶ世界は、常にその存在を「虚無」と「存在」に干渉され続けています。
ゆえに、自己を守るための障壁、「シール」で自らを覆いました。
これは世界という意思が、その全てのロウを持って張った障壁になります。

シールは、たとえ虚無や存在でも、容易に破ることはできないでしょう

生命循環/マナ・サーキュレーション

ガルド・クラスタや世界の根源は、「命のめぐり」にあります。
世界は分類的にはエリアですが、実質生命体としてみるべきです
故に、いかなる世界であったとしても。

生命の巡りが無い世界は、存在し続けることは不可能です

仮にこのめぐりが停止した場合、世界はゆっくりと収縮を始めます
最終的には、中核が持ち出されたときと同じく世界そのものが終焉するでしょう


世界の門/ゲート

世界はシールによって隔離されました。
しかし、それでも孤独であり続けることは、不可能でした。
そこで世界は、外へつながる門を作りました。

それが、ゲートです。

ゲートは二種類存在し、それぞれ「存在」と「虚無」へとつながっています。

ただし、「虚無」へのゲートは実質閉鎖している為、使用できるのは「存在へのゲートのみ」となります。


存在する基礎属性

基礎属性(マスター・エレメント)は、以下の8種類となります

属性 エレメント名 
大地 地のエレメント
火炎 火のエレメント
薄緑 疾風 風のエレメント 気体
流水 水のエレメント 液体
氷雪 氷のエレメント 固体
重力 重のエレメント 重み
明光 光のエレメント 聖光
暗闇 闇のエレメント 闇光

ただしこれらは、ただ存在しているだけという場合もあります
それをどう生かすかは、創世主しだいなのです。

【例】
要素をないものと考える
たとえば、マスター・エレメント中黒属性の発達しない世界 を創造したとしましょう。
すると、要素的には存在するものの「黒属性の影響は、非常に小さいもの」になります。
ここで黒属性の術技を使用した時、その効果は低減します

要素に従属する属性を追加する
たとえば、マスター・エレメント中赤属性の発達した世界を創造したとしましょう。
すると、赤に属する従属属性(スレイヴ・エレメント)が発生します。
赤属性(火炎)のエレメントの場合、「灼熱(ブレイズ)」や「冷熱(コールド・フレア)」などがあげられます
このスレイヴ・エレメントは、マスター・エレメントが存在すればどこでも使用可能です。
ただし、マスターエレメントが規定値より活性化していない場合、効果は低減もしくは使用不可となるでしょう 。

八属性に属さない特殊な属性を追加する
たとえば、「神」という属性を追加したとします。
この場合、その世界では使用可能ですが、ほかの世界では基本的に使用不可能です。
特殊な術技や、ガルドCの力を使えば、あるいは可能であると思われます。