日本語への書き換え


コチラで有志による日本語化されたファイルが配布されています。感謝!

自分で書き換える場合

  1. spanish.gxt を日本語に書き換えます。頑張って翻訳して書き換えましょう。専用エディターが必要なのでGXT EditorやGXT Pad を使うなりしましょう。
  2. 文字コードを変換します。これには gxt_jp_converter.exe が必要です。詳細は公式からgxt_jp_converter.zip をダウンロードしてテキストを読んでください。
※必要なツール(・GXT Pad・gxt_jp_converter.exeが欲しい方はコチラへ)

既知の不具合または仕様

  • 使用できる漢字は第一水準まで。
  • 半角カナは使用できません。
  • 小さいフォントを強制的に拡大表示させるため、フォントの質は劣ります。
  • 文字コードに 0x7E,0xBF,0x5F が含まれていると、強制終了などの不具合が起きます。
  • HTML ファイルに保存された STATS は文字化けします。

翻訳上の注意

  • 固有名詞はPS2日本語版を基準とし基本的にカタカナでお願いします。

コマンド

  • システム文及び会話文の改行 - 半角スペース、もしくは~n~
  • ~z~ - 会話字幕
  • ~s~ - 下部に出るシステムメッセージ
  • 無し - 左上に出るシステムメッセージ
  • ~r~ - 文字色 赤 (基本的には敵)
  • ~y~ - 文字色 黄 (基本的には目的地)
  • ~b~ - 文字色 青 (基本的には味方)
  • ~g~ - 文字色 緑 (基本的にはアイテム)
  • ~w~ - 文字色 白(システムメッセージに関しては~s~でも代用可)
  • ~k~~文字列~ - 文字列で指定された操作に割り当てられたボタンもしくはキー
  • ~h~ ~t~ - 不明

※なお、アルファベットに関しては、大文字、小文字、どちらでも機能します。
つまり ~n~ ~N~ この場合、どちらでも強制改行コードとして認識されます。

参考 映画字幕のルール

  • 通常はセリフ1秒に対して3~4文字。
  • 一度に表示される字幕は20文字までが基本。
  • 一行あたりの文字数は、かつては13字だったが現在では10字(例外あり)。
  • 簡単な挨拶程度のセリフの場合、字幕に出さないことが多い。
  • 文字は基本的に全角が基本(カタカナや数字、アルファベット等。)
  • 「、」は半角スペース。「。」は全角スペース。「...」(欧文三点リーダ)は「…」(全角三点リーダ)に、「! ?」(半角感情符号)は「! ?」(全角感情符号)にして、直後に半角スペースを入力。

オマケ くだらない戯言

  • 人間、 目で聞く のと 耳で聞く のとでは格段にスピードが違う。(目で聞くのはかなりトロイ)
  • その為、字幕は簡潔さが重要視される。
  • 上述の様に字数制限もある為、逐語訳に拘らず、意訳を積極的に取り入れる必要があり、正確な翻訳がされる事はあまりない。
    なっちさんこと戸田奈津子さんはお手本としては打ってつけ
    (良い意味でも悪い意味でも…)詳しくはググってね。
  • その反面、声優等による吹き替えは、・口の動き、・役者との阿吽の呼吸(翻訳文が原文より長すぎても、短すぎても駄目。)が重要視されている。
  • 地上波では原文を耳で聞くというのが前提な為か、吹き替え字幕がある洋画でも原文と字幕文は一致している。
    (その代わり半角に出来る文字は半角にして字数を稼いでいる。)
  • 一方CS放送や映像ソフトでは、翻訳家が切り詰めて翻訳した吹き替え字幕が収録されている。
  • 最後にザックリ言っちゃうと、一行20文字位にして、翻訳文が長くなりそうなら、改行コード入れちゃえば、読み易いなんちゃって吹き替え字幕が出来ると思うよ。
    (ちなみに下にでる字幕は会話部分が3行、それ以外は4行以上ではみ出るから注意しよう)