乱れwiki 山中湖考察・通話編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






定額プラン/サービスの主な利点と欠点


ウィルコム定額プラン


メリット


  • 相手がWILLCOMならば全て定額通話
  • 全てのメールも定額 (これはWILLCOMに限らない)
  • 他社携帯宛の通話料も安め

  • 修理アシストサービスで壊した日も安心(※)

※ 修理アシストそのものは他キャリアと同等だが、全損の場合でも代替機を安く借りることができる。

デメリット


  • Vodafone に比べサービスエリアが狭い (※)
  • 長時間連続通話時に料金を加算されるおそれがある (2時間半ごとに一度通話を切ればOK)

  • 機種の機能やウェブサービスはやや劣る

※ 人によっては致命的 なので、エリア確認ツールで確認して下さい。
平気な人は全く平気。

LOVE定額


メリット


  • WILLCOM に比べサービスエリアが広い
  • 長時間通話時に料金を加算されるおそれがない
  • TVコールも5月まで定額 (6月以降は半額)

  • Vodafoneの高機能な機種や便利なウェブサービスが使える
  • 充電に不自由しにくい

※ 念のため、サービスエリアでご確認ください。

デメリット


  • 定額通話先が1件のみ (指定先変更も月単位)
  • 2Gの場合は解約時に注意がいる (料金月頭に遡ってキャンセルされる)

  • ハッピーボーナスを適用する場合、解約時にコスト上のリスクがある




通話定額の最低維持費用


山中湖モデル


  • ウェブサービスは使用しない (計算に含まない)
  • 定額以外の音声通話は使用しない (計算に含まない)
  • 家族割引は適用しない
  • 山中湖がハピボ無料期間を参入しなかったので、解約リスクは加算しない
  • 全部税込

Voda側の「双方定額通話可能」を実現する方法に「家族割に入れた電話機を家族ではない相手に持たせる」方法もあるが、バレたとき定額じゃなくなる危険があるのでここでは検討しない。

プラン列挙


通話定額適用(発信側)


定額通話を行う際に、発信側になれるプラン及びオプションです。
着信側になることもできます。

定額通話発信側, 税込
プラン名など 月額費用 備考
ライトコールパック(ハピボ) + LOVE定額 3,439円 = 3,124 + 315 (Eメール使用不可)
ウィルコム定額プラン 2,900円 (Eメールも定額)

通話定額の着信側


定額通話を行う際に、着信側になれるプラン及びオプションです。

定額通話着信側, 税込
プラン名など 月額費用 備考
ライトコールパック(ハピボ) 2,975円
Vodafone プリペ (常時発信可) 1,522円 = 3000 / 60 * 365.25 / 12
Vodafone プリペ (発信不能期間含) 381円 = 3000 / 240 * 365.25 / 12 240日中180日は発信不可
昼得コース 2,079円 3年超は 1,871円
安心だフォン (発信先限定) 1,029円 3年超は 926円 発信先は3件, 機種も限定

組み合わせ


双方定額通話可能


A,Bともに定額通話(発信)可能, 月額費用1年目, 税込
A,B:定額発信可能 月額費用
ライトコールパック(ハピボ) + LOVE定額 6,878円
ウィルコム定額プラン 5,800円

双方発信可能 (通話定額は一方のみ)


Aは定額通話(発信)可能, Bは常時発信可能(定額ではない), 月額費用1年目, 税込
A:定額発信可能 B:常時発信可能 月額費用
ライトコールパック(ハピボ) + LOVE定額 プリペ 5,021円 = 3439 + 1522
ウィルコム定額プラン 昼得コース 4,979円 = 2900 + 2079

発信は一方のみ可能 (もう一方は発信に制限がある)


Aは定額通話(発信)可能, Bは常時着信可能(発信に制限あり), 月額費用1年目, 税込
A:定額発信可能 B:着信のみ無制限 月額費用
ライトコールパック(ハピボ) + LOVE定額 プリペ 3,820円 = 3439 + 381
ウィルコム定額プラン 安心だフォン 3,829円 = 2900 + 1029

…この比較項目って存在がネタだと思うんですが、一応つけました。