VMwareによる開発環境構築


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VMwareによる環境設定構築

目的

VMware Playerを利用すると、ホストとゲストの操作を切り替えるときにCTRL+ALTを押さないといけないのが面倒だから(爆 VMware toolsをつかえば良いという話もあるけど。
もうひとつは、Puttyを使ったりすることに慣れたいため。

今回の環境の概要

  • ホストPC(Windows XP pro)
  • ゲストOS (CentOS 4.3) -> 某LPIC試験参考書についていたイメージファイルを使用
  • VMware VMware ServerはじめからホストPCにインストールされていた


VMwareの設定で気をつけること

IPアドレスを同じネットワーク内の別PCに公開するために、ネットワークアダプタの設定をNATではなく、 ブリッジ(Bridge) にする。

IPアドレスの設定

今回は、DHCPで自動的に割り振られているものを毎回確認してPuttyで接続。
というか・・・。ホストOSが固定IPふられているなら、ゲストOSも固定IPにしちゃえばいいのか・・・。



VMware参考サイト

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。