※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘セリフ集


条件について(必要な☆の量など)
◎:☆6以上、○:☆?以上、△:条件なし、×:☆が低いときのみ(あるかどうか不明)

布都彦
  • 戦闘開始
 「勝機は我にある 覚悟!」(敵が木属性)
 「属性の不利など この槍でくつがえしてみせましょう」(敵が火属性)
 「同属が相手か だが、手間取るわけには…」(敵が金属性)
 「どのような敵であろうと、負けはいたしませぬ」(敵が水属性)
 「いざ、参る!」
  • 合流時(千尋→布都彦)
 「私よりも、ご自分の身をご案じください」
 「姫を守って 差し上げることが 私にできるのなら…」
 「姫の優しいお気持ちが 私に力を与えてくれます」
 「ですが、姫 あなたの身に何かあっては申し訳が立たない」
◎「…なぜこうも胸が高鳴る 私は、いったいどうしてしまったのだ」
 「姫、参りましょう!」
  • 合流時(布都彦→千尋)
 「助太刀いたします」
 「ご無事ですか」
 「無理をなさらず ここは私にお任せを」
 「姫を守るのが 私の役目にございますから」
 「私が来たからには姫に指一本触れさせぬ」
 「お待たせして申し訳ございません」(一番乗り以降)
  • 合流時(仲間→布都彦)
 「助太刀、感謝します」
 「かたじけない」
  • 合流時(布都彦→仲間)
 「鍛錬が足りぬな」
 「詰めが甘いぞ」
  • 応援
 「はっ、全力にて 敵に対します」
 「持てる力を尽くします」
 「必ずや、期待にお応えいたします」
 「はい、私はいつもあなたのおそばに…」
 「承知いたしました」
  • 応援(布都彦→千尋)
 「私がおそばにある限り 敗北などありえません」
 「私がいることを お忘れくださいますな」
  • かばう(布都彦→千尋)
 「間に合ってよかった」
 「あなたのためなら この命、惜しくはない」
 「主君を守るが 我が務めなれば」
  • かばう(布都彦→仲間)
 「ご無事であられるか」(布都彦→忍人)
  • かばわれる(千尋→布都彦)
 「私がふがいないばかりに…申し訳ございません」
  • かばわれる(仲間→布都彦)
 「私のことなどお捨ておきください」
 「すまない」(遠夜→布都彦)
 「恐れ入ります」
 「この借りはいずれ必ず」 (アシュヴィン→布都彦?)
  • 痛撃
 「我が槍よ、姫を守れ」
  • 反撃
 「好機だ 我が槍、受けよ!」
 「この布都彦、貴様に遅れはとらぬ」
 「その攻め… 私にはきかぬ!」
  • 特技
 「心を研ぎ澄ます」(集中)
 「この一撃に、全てを懸ける」(渾身の一閃)
 「いくぞ! 我が力、とくと見よ!」(気合)
  • 戦闘中
 「いざ、尋常に勝負!」
 「待たれよ! 今、助太刀に向かう」
 「くっ…まだ、耐えられる!」
 「くっ…助太刀が必要か…」
 「姫、 そろそろ術を使っては いかがでしょう」
  • 戦闘終了
 「お見事です」
 「この調子で 敵に対しましょう」
 「あなたがつかんだ 勝利です」
 「この勝利、姫に捧げましょう」
 「きっと、勝利できると思っておりました」
 「あなたのもとで得たこの勝利… 私の誉れです」
 「戦うあなたの姿が これほどに美しいとは…」
 「お役に立てたなら 幸いです」
 「こんなに手こずるとは… もっと鍛錬せねば」(3巡以降?)
  • 戦闘開始(中ボス・ラスボス戦)
 「我が名は布都彦、逃げも隠れもせぬ いざ、勝負!」
  • 戦闘終了(中ボス・ラスボス戦)
 「我が力 姫の助けとなった でしょうか」
  • 戦闘不能
 「最後までお守りできず……申し訳…ない…」
 「姫、ご武運を…」
  • 千尋戦闘不能
 「敗北とは、無念…」
  • 撤退
 「はっ、仰せのままに」
 「敗北とは、無念…」
  • 特技習得
 「必ずや、お役にたってみせましょう」
 「ありがたき幸せ」
 「姫のお気持ちが、身に染みます」
  • 轟流撃破
 「葛城将軍、 お力添え、願います!」
 「轟流撃破」
  • 誓約
 「姫、あなたの弓の腕 天下にとどろかせましょう」
 「…なんという技のキレ 布都彦、感服いたしました」

  • 戦闘開始
 「同属性とは…困ったな」(敵が金属性)
 「嫌なめぐりあわせですね」(敵が火属性)
 「不運な方は嫌いではありませんよ …すぐにお別れですけど」(敵が木属性)
◎「さあ、踊っていただきましょうか 私のてのひらの上で」
 「あなたの背中を守って戦う …なんと蠱惑的な響きでしょう」
 「この戦、我が君に 勝利を捧げましょう」
 「私には見えますよ あなたの勝利する姿がね」
  • 合流時(千尋→柊)
 「勇ましい姫だ …ふふっ、 誉めたつもりですよ」
 「お待ちしておりました きっとあなたに 来ていただけると…」
 「ほら…あなたは、やはり 私の元を離れられない」
 「ふふ、そんなに私の身を 案じていただけるとは うれしいですね」
 「ずるい方ですね…こんな時でさえ 涼しい瞳で私を見るなんて」
○「今、心であなたを呼んだ …聞こえてしまった ようですね」
◎「お待ちしていました もうどこへも 行かせませんよ」
 「そろそろ 来ていただけると 思っておりました」
 「では、お言葉に甘えて」
  • 合流時(柊→千尋)
 「どうかおそばに… いさせていただけますね?」
 「あなたの戦いを 間近で見ていたい… わがままでしょうか?」
 「あなたを傷つけるなど 困ったな」
 「私を待っていてくださったなら うれしいのですが」
 「あなたが待っていると思うと ついじらしたくなってしまう」
 「あなたの時間を奪ったのはこの敵ですか?ゆるせませんね」
 「お困りのようですね 憂いた顔もまた可愛らしい」
◎「なんなりとご命令を あなたの望むままに」
 「ふふ、まさか 私が助けに来ないとでも お思いですか?」(1番乗り以降)
  • 合流時(柊→仲間)
 「手伝いましょう」
 「私が必要ですか」(柊→アシュ/サザキ)
 「一人より、早いですよ」
  • 合流時(仲間→柊)
 「せっかくの 心遣いなのだから、感謝しなくてはね」
 「ふふ、助かりました」
 「おや…私に救いの手がさしのべられるとは思いませんでした」
 「ありがとうございます」
  • 応援
 「呪縛のようですね… この身を裂いてでも 尽くしたくなります」
 「ふふ、心からのお言葉であれば うれしいのですが」
 「承知しました ご命令とあらば 従いましょう」
 「我が君が そうおっしゃるなら 心がけましょう」
 「目をかけて いただけるだけでも うれしいものですね」
  • 応援(柊→千尋)
 「そろそろ本当の お力を示されては いかがですか」
 「焦らずとも 勝利は確実 ご懸念はいりません」
 「震えておいでですか 何もご心配はいりません さあ、息を整えて…」
 「我が君は美しい… お仕えするのが 誇らしく思います」
  • かばう(柊→千尋)
 「あなたを傷つけようとした 罪は重い―― 死をもって、償わせましょう」
 「困った方だ 今は戦いにだけ 集中してください」
  • かばう(柊→仲間)
 「ご無事のようですね」
 「お怪我はありませんね?」
 「ふふ、高くつきますよ?」
 「なんとなく気がむいたので」
  • かばわれる(千尋→柊)
◎「姫は可愛らしい方ですね 誰も知らぬ場所に閉じ込めてしまいたくなる」
 「あなたを傷つけた私をどうか罰してください」
 「私が心配すると知ってそんな無茶をする…残酷なことをなさいますね」
  • かばわれる(仲間→柊)
 「せっかくの心遣いなのだから、感謝しなくてはね」
 「ふふ、おそれいります」
 「助けていただけるとは 感謝します」
 「助かりました」
  • 痛撃
 「星の力よ、 我が元へ巡れ」
  • 特技
 「星はめぐり、 力、ふたたび我がもとへ」(集中)
 「力の転化をしてはいかかですか?」(力の転化 開始)
 「素晴らしいご決断です …では」(力の転化 終了)
 「相対する敵を変えましょう 右にまわって…ね?」(回転 開始)
 「恨みっこなしですよ …では」(回転 終了)
 「ふふ、眠ってもらいましょう」(幻惑)
  • 戦闘中
 「敵も弱ってきていますよ」
 「姫、今です! 術の準備を!」
 「もうすぐ援軍が行きますよ」
 「流れが、敵へ傾きはじめましたか」(気力半分以下?)
 「孤軍は きついものですね……」
  • 戦闘終了
 「どんなものも 神子の敵とは なりえませんね」
 「ふふっ 姫が相手では、どんな敵も かないませんね」
 「姫のお姿を見ると つい本気に なってしまいますね」
 「素晴らしい戦いでした 早すぎて、少々物足りませんが…」
 「姫のもとで戦えること 誇りに思います」
 「お見事な戦いでした どんな勇将も、姫には かないませんね」
◎?「お疲れではありませんか 休まれるなら、どうぞ私の腕の中で」
 「やれやれ 我が君の姿を、ゆっくり眺める 余裕もないとは」
 「これも当然の帰結ですね」
 「お忘れなきよう 我々は戦って前に進むしかないのです」
  • 戦闘開始(中ボス・ラスボス戦)
 「手ごわいですが、必ずや倒せるでしょう……それが、運命というもの」
  • 戦闘終了(中ボス・ラスボス戦)
 「これも 当然の帰結ですね」(隊長時?)
  • 戦闘不能
 「あなたのそばにいたいが… そうもいかないようだ…」
 「あなたのもとを離れること… お許しください」
  • 千尋戦闘不能
 「仕方がありませんね」
  • 撤退
 「従いましょう あなたの言を遮るものを 私は何も持たないから」
  • 特技習得
 「これは…期待してしまいますね」
 「ふふ 嬉しいですよ」
 「すばらしい」
  • 界映鏡破
 「光の洗礼、受けてみますか?界映鏡破」
  • 冥星輪廻
 「私にはあなたが必要です さぁ、我が君…」
 「数多の星々の力で 冥府へと誘いましょう 逝きなさい 冥星輪廻」
  • 深淵絶夢
 「いいでしょう 暗き深淵を…」
 「深淵絶夢」
  • 天幻晶射
 「天より降り注ぐ 幾千の星のまたたき」
 「天幻晶射」
  • 岩断嵐舞
 「ふふ、緊張しますね 失敗しても 怒らないでもらえますか?」
 「岩断嵐舞」
  • 白虎召喚
 「我らの姫のため、この心 天に捧げましょう 西天を守りしき牙─」
 「来たれ、聖獣白虎」
  • 誓約
 開始「あなたの華麗な姿を 見られるとは 嬉しいですね」
 成功「素晴らしい やはり、あなたは わたしの主たりうる方だ」

遠夜
  • 戦闘開始
 「………すぐに消す」(敵が火属性)(棺状態のみ?)
 「……火の気は 刃を遮らない すぐに終わる…」(敵が火属性)
 「……………」(敵が土属性)(棺状態のみ?)
 「…土は遮り、水を濁す …土の刃は、オレを消す」(敵が土属性)
 「………同じだ」(敵が水属性)(棺状態のみ?)
 「…同じにおい、同じ力…刃は央に届かない」(敵が水属性)
 「…お前がいると 神子が苦しむ だから…」
 「……戦う それがワギモとの絆だから」
 「……戦う……それが証」(棺状態のみ?)
  • 合流時(千尋→遠夜)
 (……………(例の読めない文字)…)
 「…神子、お前が…近くに」
 「…ありがとう」
 「……あ」
 「……… 神子が来たから あたたかい…」
 「…・・待っていた」
 「…闇が薄れる …時が和らぐ ……力が…蘇る」
 「…刃が震える… お前が…一緒だから?」
  • 合流時(遠夜→千尋)
 「………来た」(棺状態のみ?)
 「…一緒に戦う おまえを守ることが オレの…願いだから」
 「…神子、お前の力になりたい」
 「……神子の邪魔は ………させない」(二番目以降)
 「…お前を守る ……それが オレの意味」(一番乗り以降)
 「……この刃は ……神子のためにある」
 「神子の苦しみを消す 神子の痛みを消す ……いいか?」
 「…神子が苦しいとオレも苦しい ……だから」
 「この刃は神子の刃・・・・・・ ・・・神子の望みを ・・・果たすもの」
  • 合流時(仲間→遠夜)
 「お前も…戦うのか?」
 「…終わらせる」
 「…わかった …力が増えれば敵は早く消える」
  • 合流時(遠夜→仲間)
 「………来た」
 「…下がって」
 「…役に立ちたい」
  • 応援
 「………神子?」(棺状態のみ?)
 「…ありがとう、神子」
 「…神子が望むなら それでいい」
 「…神子が喜ぶと…・・オレも嬉しい」
 「…わかった あの敵を消す」
  • 応援(遠夜→千尋)
 「…お前を包むすべてが …お前を守る 心配はいらない」
 「神子の射る矢は遮れない …それは、誓い」
 「…神子の光はきれいだ どんな相手も神子は汚せない」
 「…お前は力 …お前は夢 …お前がいれば、勝てる」
  • かばう(遠夜→千尋)
 「…よかった、神子が無事で」
 「…神子、大丈夫か?」
 「……神子を苦しめるのは 許さない」
  • かばう(遠夜→仲間)
 「…敵を見ろ」
 「…無事か」
 「危なかった」
 「よけないと怪我をする」
  • かばわれる(千尋→遠夜)
  • かばわれる(仲間→遠夜)
 「…どうして?」
 「…何をしている」
 「…気をつけて」
 「それでは お前が怪我をする」
  • 痛撃
 「…力が満ちる」
  • 特技
 「…力を」(集中)
 「力よ、この者に宿れ」(強攻)
 「…大丈夫、これなら癒せる…」(浄化)
 「癒しの歌よ、響け」(回復)
 「癒しの風よ、神子を守る者のもとへ届け」(全体回復)
 「…光は揺らぐ …魂はつなぐ …戻れ」(復活)
  • 戦闘中
 「…すまない、力が…抜けて…」(気力減少時)
 「……呼ぶ声が 聞こえる…」
 「…術を…… ……一緒に……」
 「……すぐに行く」
  • 戦闘終了
 「…清められていく…神の御魂が……」
 「…神子、お前の力だ」
 「…命は消える …命はめぐる」
 「…澱みは消え …流れに戻る ……神子の力だ」
 「神子… お前の弓は輝き 喜びに導く」
 「疾き刃は 多くの惑いを救う ……幸いへと続く」
 「…神子の光は 大地を癒す… 豊葦原を…救う…?」
 「…・すまない、オレが強ければ…もっと早く…」
 「……神子の風は ………疾く吹く」(棺状態のみ?)
 「…終わった」(棺状態のみ?)
  • 戦闘開始(中ボス・ラスボス戦)
 「……強く激しい力だ だけど、神子は もっと強い」
  • 戦闘終了(中ボス・ラスボス戦)
 「…光が消え …光が増す 神子の喜びが…満ちる」
  • 戦闘不能
 「……そんな オレは神子を… 神子を…守…る…」
 「……すまない」
  • 千尋戦闘不能
 「…消えていく すべてが…」
 「…退こう」
  • 撤退
 「…わかった 行こう」
  • 戦闘中
 「………すぐに行く」
  • 特技習得
 「どうしてだろう あたたかい」
 「綺麗な力が満ちてくる」
 「それが神子の望み」
  • 湖水残映
 「…わかった 湖水残映」
  • 響渦流撃
 「神子の力を感じる…あたたかい 水の力を解き放つ 響渦流撃」
  • 深淵絶夢
 「永久の眠り 覚めない夢…」
 「深淵絶夢」
  • 天幻晶射
 「夜の帳の奥 月はめぐり 何処にも存在する」
 「天幻晶射」
  • 蒼穹閃桜
 「…神子、見ていて 力が集まる」
 「蒼穹閃桜」
  • 玄武召喚
 「…わかった 忍人と呼べば、きっと現れる」
 「降臨せよ、聖獣玄武」
  • 誓約
 開始「…それは心 …それは誓い きっと届く……」
 成功「心が光となる 光が心となる ……綺麗だ…神子」
 開始「…それは心 …それは誓い」(棺状態のみ)
 成功「……綺麗だ…神子」(棺状態のみ)

葛城忍人
  • 戦闘開始
 「まずは敵を見極めろ 動くのはそれからだ」
 「このようなところで倒れるつもりはない」
 「怖れることはない 君なら倒せる」
 「背後は任せろ 自分の敵に専念すればいい」
 「一撃で終わらせる」(相手が水属性)
 「敵も土属性……となれば力でねじ伏せるまで」(敵が土属性)
 「敵を選ぶ気はない 不利な相手であろうとただ斬るのみ」(敵が木属性)
  • 合流時(千尋→忍人)
◎「……ああ、君の手を借りよう」(赤面立ち絵)
 「やめろと言ってもきかないのだろう?」
 「…敵を相手しながら、君をも守るのは不合理なのだが…」
 「…余計なことをしなくていい」
 「腕を上げたな」
 「好きにしろ」
 「止めはしないが 足手まといにはなるな」
 「わずらわしい 下がっていてくれ」
 「だが、無理はするな ……君を傷つけたくない」
 「人を当てにするな いつも君を助けられる とは限らない」
  • 合流時(忍人→千尋)
 「この程度の敵に なにを手間取っている」
 「呼吸が乱れている 息を合わせろ」
 「よく、ここまでしのいだ あとは俺が始末する」
 「次の一撃で勝敗を決する そのつもりで行くぞ いいな」(笑顔立ち絵)
 「俺が守る …この命に代えても」
 「人を当てにするな いつも君を助けられるとは限らない」
 「どうした?この程度の敵に苦戦する君ではないはずだ」
 「手を焼いているようだな 加勢しよう」
 「手がかかるな どいていろ」
 「何をぐずぐずやっている」
  • 合流時(忍人→仲間)
 「手間取らせるな」
 「ともに当たるぞ」
 「なにを手こずっている」
 「加勢しよう」
  • 合流時(仲間→忍人)
 「余計な真似をしなくていい」
 「手間をとらせたな」
 「すまない」
 「この機に乗じて敵を討つ」
  • 応援
 「わかっている」
 「気を散らさずに 敵に向かえ」
 「無論そのつもりだ」
 「……そうか……わかった 心にとめておく」
◎?「…いや……君の役に立っているならそれでいい」(赤面立ち絵)
  • 応援(忍人→千尋)
 「将たる者の器を見せる時だ」
 「君は強くなった 自分を信じろ」
 「君の行く手は 俺が切り開く これからも、ずっと」
 「君を信じて戦っている者がいる それを忘れるな」
  • かばう(忍人→千尋)
 「油断するな 敵は将を狙う」
 「今回だけだ 己の身は己で守れ」
 「ここで君を失うわけにはいかない」
 「…君の盾になれたならそれでいい」
  • かばう(忍人→仲間)
 「君は軍に必要だ」
 「それで姫を守れるのか?」
 「隙がある 気を散じるな」
 「どうした? 君らしくもない」
  • かばわれる(千尋→忍人)
 「俺のことなど構うな」?
 「俺を守る必要はない 自分の戦いに専念しろ」?
 「すまない…俺の過ちだ」?
 「馬鹿なっ…君が傷ついてどうする」?
  • かばわれる(仲間→忍人)
 「すまない 油断していたようだ」
  • 反撃
 「遅い」
 「この程度で通じると思ったか」
 「隙が見えている」
  • 痛撃
 「次で勝敗を決する」
  • 特技
 「まだ終わりはしない」(集中)
 「隙が見えている」(反撃)
 「まだ終わらぬ」(双撃)
 「魂を砕き、うなれ漆黒の刃 ──破魂刀」(破魂刀)
 「我が魂の声を聞き、啼け白刃よ ──生太刀」(生太刀)
 「敵の手を読めば 恐れるものはない」(隠行)
  • 戦闘中
 「あと少しだ、持ちこたえろ!」
 「気を引き締めろ 油断は禁物だ」
 「戦力の集中が必要だな」
 「戦況を変えるには、術だ」
 「背後は任せろ 自分の敵に専念すればいい」(ターン開始)
 「……くっ… いや…まだ、大丈夫だ…」(気力半分以下?)
 「まだ終わりはしない」
  • 戦闘終了
 「……勝てたな、ならば十分だろう」
 「鮮やかな勝利だ これで士気も上がるだろう」
 「まだ戦略を練る余地があるようだな…」
 「君の真摯な気持ちが 彼らの救いとなるだろう」
 「今の戦いなら 申し分ないだろう」
 「大丈夫か?怪我はないな?」
 「君の無事が何よりの戦果だ」
 「君の戦い、見させてもらった」
 「君がここまでやれるとは… 驚いたな」
 ◎?「……君のそばで戦っていると不思議と負ける気がしないな」(赤面立ち絵)
  • 戦闘開始(中ボス・ラスボス戦)
 「心を研ぎ澄ませ さあ、ゆくぞ!」
 「これが最後だ この先の未来、決して閉ざさせはしない」
  • 戦闘終了(中ボス・ラスボス戦)
 「……勝てたな、ならば十分だろう」
 「終わったか… 少し…疲れた…」
  • 戦闘不能
 「君を… 君の勝利を…信じている」
 「俺としたことが ここまでか…」
  • 千尋戦闘不能
 「…退け 殿は、俺がつとめる」
  • 撤退
 「ああ、今は撤退の時だ」
  • 特技習得
 「君の期待にはこたえよう」
 「これでまた戦局も変わる」
 「日々精進あるのみだ」
  • 覇軍砕壁
 「この好機、逃す手はない ……俺の刀に心を重ねてくれ」
 「砕かれし大地の力 かの敵に降りそそがん 覇軍砕壁」
  • 崩砂双陣
 「君の力を借りる 地に還れ 崩砂双陣」
  • 轟流撃破
 「肩に力が入りすぎている 心を静め、気を高めろ」
 「轟流撃破」
  • 岩断嵐舞
 「仕損じるなど ありえないだろう 手を抜くな」
 「岩断嵐舞」
  • 玄武召喚
 「では、ゆくぞ 北天を守りし大いなる神力──」
 「降臨せよ、聖獣玄武」
  • 誓約
  開始「心を静かに保て 焦れば仕損じるぞ」
  成功「…よくやったな」