|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

横浜カレーミュージアム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜カレーミュージアム

種類:その他
地区:神奈川県横浜市
場所:関内駅近く,歩行者天国(旭川の買物公園のような)沿いの松坂屋そば

パク森

好み度:☆☆(2/5)

讃岐五右衛門

好み度:☆☆(2/5)

皆喜多亭

好み度:☆☆(2/5)

木多郎

好み度:☆(1/5)

Kariカクテルバー・カレッティーニ(カレーカクテル)

好み度:-(0/5)



来店日:2005/11/20

会社の同僚3人に「カレー好きだから連れていってあげよう」ということで,連れていって貰いました.イメージとしては旭川のラーメン村のようなものなのだろうか,と思っていましたが,かなりアミューズメント寄りな施設でした.ゆるいマスコットキャラクターや怪しげなテーマソング(「毎日カレー,おやつにカレー」みたいな歌詞)がとてもユルユル感を醸し出していましたが,カレーの味もちょっと緩かったみたいです.
写真1枚目は「パク森」のカレー.全体的に甘めかな?という感じ.まずくはないが,値段を考えるとちょっと×.これが「殿堂店」となると,他の店はどんなのだろう…と小皿でちょっとずつ試食したのが2枚目.カレーうどん(讃岐五右衛門)はだしの強い味,皆喜多亭はやきそば+カレーの味と無難であったが,木多郎は…酸っぱい!まるで酸辣湯の味.他の店に比べれば「殿堂入り」も容易かもしれませんね….3枚目の写真はカレーカクテル.カレー好きで困っている人は一飲をお勧めします.何故か家に帰る途中から鼻水が止まりません.
今回学習したことは2つ
  • 7階の店舗でまずいカレーを食べてから8階(最初に案内される階)で食べるとうまく感じる
  • カレーカクテルはカレー中毒の特効薬

あ,施設自体はカレーの不味さやカレーカクテルや変な形の容器の飲み物で満喫できましたので,同僚とレジャーを満喫できたかなという感じです.カレーを食べに行くと腹を立てるかもしれませんが.



写真: