※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロセッサ用命令生成
(これはまだまだ先のことなのでまだ理解しなくていい)

C言語ファイルを用意
main.c

mips--ecoff-gcc -nostdlib -nodefaultlibs -Wl,-N,-Ttext,0x0 main.c __main.c


a.outファイルが生成される。

mips--ecoff-objdump -d a.out

アセンブラでかかれたファイルがでてくる(確認用に保存)main.s

mips--ecoff-objdump -d a.out | awk '{print $2}' > main.dat

16進表記になったファイルになる。
しかし、コメントがいくつかのこっているのできちんと削除をしておくこと。


(シュミレーション、実装において)
mif* coe*実行ファイルを使う(自分でつくったプログラム)

シュミレーション用ファイル.mif

./mif < main.dat > ???.mif

実装用ファイル.coe

./coe < main.dat > ???.coe





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー