※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

亀山社中とは


亀山社中は、慶応元年(1865)薩摩藩などの援助により、土佐の浪人坂本龍馬が、長崎・伊良林に同士と組織した日本最初のカンパニ ーといわれる結社です。 メンバーは、幕府の神戸海軍操練所閉鎖に伴い龍馬と行動をともにした若者たちを中心に20数人、長岡謙吉・近藤長次郎・陸奥陽之 助・沢村惣之丞など幕末の激動期を生きた志士たちでした。
亀山社中は、海運業を中心とした商業活動のほか、薩長同盟を基軸とした倒幕運動に参画。幕末維新史において重要な役割を果たし ました。

および、三国群英伝に君臨する軍団名である。