※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[無頼者幻想伝]

[とくになし。兄やん(IRCニックネーム:Renma)]

動画リンク

一話


あらすじ
誕生日を友人に祝ってもらっていたDQN(無頼者)。
帰宅していたところ気づいたらそこは幻想郷の森だった。
最初に霊夢と会うも弾幕を喰らい瀕死になる。その後、慧音に拾われる。
今後はアンケートでルートが変わるらしい。

特徴
オーソドックスなノベルタイプ。背景が実写なのと作者の表現が相成って妙にリアリティがある。
主人公は、霊夢をブスと罵ったり、すぐにクソや死ね等DQNワードを連発する文字通りのDQN
多くの幻想入り作品と違って、いまのところBGMに版権物や東方アレンジ等を一切使っていない。
また、4話から始まったアンケートは「行動」と「目的地」を別にとるという一風変わった手法。

良い点
文章の書き方が普通に上手い。ラジオで紹介された時は主人公のDQNぶりがリアルすぎて
視聴していた1人がIRCでブチキレたほど。
(もっとも紹介時の音読が役に嵌りすぎていたためというのもあるが)
また、エフェクトの表現が上手く、主人公の瞬きや弾幕の衝撃など細かいところでアイディアが光っている。

悪い点
主人公の設定なのだから仕方がないと言えば仕方がないのだが、クセのある表現が多すぎる。
作者のPC環境か取ってるフリーBGMのせいか知らないが、音量がいきなり大きくなったり小さくなったりする。
また、描写が多すぎてストーリーがなかなか進まずテンポが若干悪い。
東方のBGMを使用していないため、東方っぽさが薄い。
更に致命的なのは、第一話(作品としては第0話)で作者の「東方知りません」宣言。
幻想入り初期の頃ならともかく今現在でこの発言は痛い。
(一応コメントで、原作と求聞史記と文花帖を入手したと弁明)

個人的な感想
一言で言えばダークホース。新しいといえば新しいし、主人公の性格さえ許容できれば、かなり引き込まれる。
が、東方キャラへのネタ以外の悪口(PADや加齢臭などではなく本当の意味で罵倒)を許容できない人や、DQN言語が嫌いな人は見ないほうがいい。
まだ作品自体が始まったばかりなので(現在0~4話の計5本)今後に期待したい。