※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[東方遠想記]

[通称:犬走楓]

動画リンク

一話


12話まで読んだ感想
記憶喪失で幻想郷を知らない人間が幻想入り
ほのぼのが多めシリアス少し
キャラとイチャつくこともある

背景
写真は綺麗で画質も良い
BGM、SE
ままあ良し
文章、ストーリーは褒めるほどうまい物でもない
どちらかといえばイマイチである

設定
コレについては自己解釈とオリジナル設定あり
ご都合主義の極みと言える点もある

視聴者
非常に好意的でコメントの方向性は
権兵衛の動画の中期から後期を思い出す

総評
まず主人公の性格が安定していない
最初は特に自己主張せず無個性だったが途中から人が変わったように
モテる、キャラを口説くと豹変している
この点はキャラ萌えしたい人にとってはプラスかもしれない
この動画が支持された要因は幻想入り初期の一人である事と
早い更新速度とキャラ萌えのストーリーという点と思われる

【作品番号】033
【作品名】東方遠想記
【評価】
あらすじ
山の中でロープを吊って自殺しようとした主人公は、突如開いた穴に落とされる。
目が覚めた主人公が会ったのは椛。
彼女の兄の名である「犬走 楓」と名づけられた主人公は、
椛や道中で会う幻想郷のキャラクタとの出会いと別れを繰り返しながら歩き続ける。
20話までが本編で、それ以降は後日談という形となっている。

【文章】★★★★☆
総合的に見て、文章力は高い。
文法や文字の間違いもほとんど見られず、情景描写も巧い。


【物語】★★★★★
しっかりと練られた構成で、随所に張られた伏線もきれいに回収している。
主人公の過去や、椛との関係が明かされたクライマックスのシーンは感動に値するだろう。

【動画】★★☆☆☆
幸いにも画質は良好。秋の山の風景には心が和む。
BGMも穏やかなものが多く、肩肘張らずに文章を読むことが出来る。
しかし、どのキャラクターが喋っているかは色分けによって分かりやすくなっているものの、
実写背景に文字を加えただけの非常にシンプルな構成であり、動画の要素は限りなく無に近い。
文章の進む速度は遅めで、静かな雰囲気と相まって全体的にやや退屈な傾向がある。

【総評】★★★★☆
動画という媒体には向いていないものの、良質なノベル作品である。
小説を好む人にはオススメできると言えよう。
ただし、後述の問題点を十二分に考慮する必要がある。

【問題点】
言うまでもないが、この作品は2chで取り沙汰され炎上した挙句に打ち切りに至った、
俗に言う「問題作」に位置付けられた作品である。詳細は以下の通り。

  • 椛の兄の存在等の、原作に無い独自設定及び一部設定改変
  • ナンパな性格の主人公。椛以外とは恋愛関係に至らないが、若干のハーレム表現
  • 持ち出しや過度の宣伝等のKOR行為には及んでいないものの、信者化した視聴者の存在
  • 主人公×椛のカップリング、過激なキス表現等