※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[時空間超越の幻想入り]

[作者名]

動画リンク

一話


紙芝居タイプ 現在5話までうp 1話うp日 08/12/13 最新話うp日 09/01/22

【あらすじ】
人間の字空超越と透明人間の渋谷タケシが手違いで博麗神社に時空間超越?してしまった。
それを眺めていた霊夢はとりあえず何をしていたのか問うが字空超越はノリとしか答えなかった。
異例の方法で幻想入りした為帰る方法が分からない、そこで霊夢は二人にこれからどうするのか聞くのだった。
所変わってマヨヒガでは寝ている藍の尻尾に橙がモフっている最中、スキマによってうp主が幻想入りした。

【感想】
  • 内容-
第一話の開始数分から視聴者を全く考慮していない話の流れ、視聴者置いてけぼり。
下記のその他で言うが前作が理解できないのでこの作品も理解できないのは当然。
投稿者コメントや前書き後書きで作品や自分語りが多い、そんな事は聞いていない。
ネタが意味を成していない。

  • 動画的要素-
一部BGMが鬱陶しい。
アンケートの意味が分からない、そのアンケを選んだら本当にその展開にするのか?と言う
悪い調子の乗り方をしている。

  • 画力-
雑。丁寧に描けば下の中程度には見える。

  • その他-
後書きでまさかの版権と思わせる発言があったので調べてみるとうp主の作品と思われる動画をニコニコで発見。
「時空間超越」という版権作品がありそれの二次創作をしているのかと思い更に調べたがめぼしい物は見当たらなかった。
「時空間超越」と言う自分のオリジナル作品を東方とクロスオーバーした様子。
ちなみにそちらの作品の内容は冗談ではなく本当に理解できないので割愛する。

【総評】
とにかくあらすじも感想も普通に書けないほどいい加減、動画を見るのは視聴者だという事完全に忘れている。
話はぶつ切りフォローなし、ネタとネタの間が無いので何を言ってるのかすら分からない箇所も多々。
作者自体は展開が速いことやブレーキがかけられない事を技量の無させいにし精進しようとしているが
それを俺頑張ってるよとアピールしている。
創作を完全にナメていると言うか、創作と言うものを分かっていないので褒められるべき所は皆無、見て気分を害する恐れ有り。