※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[目覚めたら幻想郷だったようです]

[通称:アゴの人]

動画リンク

一話


目が覚めたら幻想郷だったようです (紙芝居形式)

絵はそこまで上手くないがデフォ絵が可愛らしいので誰でも安心して観れると思う
ルーミアが主人公を襲うというパターンを最初に実行した

感想
話はのんびりとしていて初心者でも安心して観られる。
しかし拠点にしている場所が場所だけに小町以外の東方キャラの登場が少なく物足りなさを感じた。
ネタが豊富でセンスが感じられる。しかし物語は単調で話数の割りに展開の発展が少ない。まぁだからのんびり系なのだが
なんというか全体的に普通な作品


最初こそルーミアに襲われて大ピンチと言う状況だが、
その後はこまっちゃんの家に居候し、のんびり生活を始める。
ここで下世話な勘繰りをすると同姓生活っぽいが、
主人公&こまっちゃんはそんな意識をせず、適度な距離感を保っているのが好感が持てる。

主人公は、とにかく名前どおりAGO。
AGOを楽しめるか楽しめないかで、この作品の評価は変わる。

そして後書き劇場
うp主は白岩さん(レティ)が大好きらしく、
本編に出すと暴走してしまう可能性があると(今のところは)自重し、後書きの進行役として出している。
悪コメやKOR等コメの問題がおおい昨今だが、
この後書き劇場に出てくる青字のコメは、うp主も楽しみにしてる節が感じられる。
それに対するきな臭い発言が出始めたが、このまま静かに推移してもらいたいと願う。

問題点は、上でも出ているが冥界という場所柄から、他のキャラが来ないので。
ほぼ、こまっちゃんとの絡みのみで進行している事。
ル-ミアとの再接触を予定してるようなので、そこでどこまで話を広げられるかが今後の課題。