※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[俺 と 毛玉 と 幻想郷]

[もっさり]

動画リンク

一話


ノベル形式

固定の世界観が確立できてて良いなと思う。もっさり。まったり
再生数の割りにコメが多いのはそのお陰かも。
ただその緩い流れが合わない人の方が多いみたいだなぁ。ニコニコだし。
1話のプロローグがちょっとシリアス入ってたから、そこで切った人が多いかも。
最初からこの流れだとと思うとちょっともったいない気がした。しかし、あの複線も今後回収するつもりなら
今の雰囲気から流れが変わるはずだし合わない人も出る。
個人的にはリグルに家がある事に違和感を感じた。
あとは、文章を表示する窓が小さいからか、文章がブツギリ過ぎる。「。」で区切りすぎ。
でも読みやすいって言えば読みやすい。ふしぎ!
マヨヒガって人間の里より小さい里なのか?一軒家かと思ってた。

こんなところかな。
個人的には嫌いじゃないけど、こういうきっかけが無いとなかなか進んで読もうとは思えないタイプだと思った。

【内容】
主人公と毛玉を中心に,物語はまったりと進む。
3話までに遭遇した東方キャラはルーミア・リグル・橙。

【感想】
特に何もしていないのに,何故か好かれる主人公に違和感。
今までと別の世界にいる事や,橙の正体に疑問を持たないという点は伏線なんだろうか。

「まったり」を重視している所為か,展開のスピードや文字送りの速さも「まったり」。
まったり過ぎて少々好みに合わなかったが,好きな人ならハマりそうな雰囲気。
実際,再生数やコメントは各話共コンスタントに付いており,固定客は居るようだ。

ギャグ路線やパロディーが巧い,版権キャラ等の動画が人気を博している現状で,更に視聴者を増やそうとするにはインパクトが足りない様に思う。

文章に関して,少々描写が細か過ぎている様に感じたが,これも好みの問題か?
良くも悪くも「まったり」。

雰囲気は嫌いじゃない。あのまったり感は個人的に好きだ。
だけど1話の東方っぽくなさ。もっと言えば背景やBGMがない事は
致命的だと思う。上で俺言ったけど幻想入りって最初見てもらえなければ
まず伸びることはないからね。ノベルの場合読みやすさとBGMや雰囲気作りは
マジ重要。むしろ文章力なんてよほど酷くなければ気にしなくていい。
後前本スレで評価してくれって言ってきた人に似てる部分として主人公の
特徴。影が薄すぎる。東方らしさっつーか、幻想入り見てる感じあんまりしなかった。
文字出す時背後色黒にしないほうがいいかもね。
とりあえず簡潔にまとめると

  • 主人公のキャラが薄過ぎる。もっと言うならキャラの魅力がわからない。
  • 1話の演出が致命的。掴み外すと伸びにくい。
  • 動画自体インパクトがなさ過ぎる。まったりがテーマなら仕方ないけど。
  • 毛玉が喋ってるのか主人公が喋ってるのか分かり難い所も個人的にあった。
  • 上でも言ってるけど主人公がやたら好かれやすい所。
  • 文章の表示場所や色、速度などに不満があった。見難いと言うより見てて疲れる感じ。
  • 超個人的意見だけど 〜〜た。 で終わる文章多い。

こんな所かな?オレは嫌いじゃないけどぶっちゃけ伸びる動画じゃないと思う。

1話だが
最初から1:35ぐらいまでの説明文はもう少しまとめて、中心に一行ずつゆっくり表示させて消すというゲーム的演出をしたほうが
視聴者を引き付ける感じになったかなと思った
最後のインパクトを狙うためだったらBGMなしは英断
ただその手の演出は、最後まで読ませないと意味がない。
説明文だけでなく、適度に主人公にセリフとして一人語りをさせる等、
メリハリを付けないと、飽きて戻るボタンを押されてしまう。

主人公はあまり細かいことを気にしないで 「まあいいか」で済ましてしまうタイプなのかな
皆が言うように全体像がイマイチつかめない、アイコン作るなりすれば見えてくるかな。

全体的感想としては
主人公と毛玉が出会い、ルーミアが、そしてリグルが、ちぇんがって感じに
少しずつその輪が大きくなっていく感じはいいかなと思った。
毛玉のアイコンの微妙な変化も見てて面白いし、
鬱展開やら暴力シーンやらを見たあとの心を、まったり癒された気分になった。
が、この手の話はかなりピンポイントアタックな為、視聴層は限定される。
見栄えの良い版権物とかに押されてしまうだろうが、オレはお前はこのまま進んでいいと思う。
見る前に思ったが、晒す前から視聴者は付いてるみたいだし。
この手の作品の視聴者は、よっぽど方向転換しない限り、離れないタイプだから安心できる。


本編のどこをどうしろというのも無いし
まさに、お前はこのまま進んで行け、としか言いようがない感じだ。

注意
第一話の終盤に突然音楽が入るため、注意が必要
吃驚してもしらない。驚かないためにも音量には注意を払っておくこと。

登場人物
主人公 毛玉 ルーミア リグル 橙
(登場順)

?い摘んだ内容
一〜二上話:主人公の視点で、話が進む
      毛玉との出会い。
      腹減った。

二話中:リグル視点。主人公、毛玉、ルーミアと遭遇
    こっち見んな。

二話下:リグル視点。飯食って寝る。
    ガジガジ 食糧が底をつく。

三話 :主人公視点。散歩中に橙と出会う。
    猫A-H殺到

BGM
一話 :なし。
    致命的。ノベル調であるにもかかわらず、BGMがないのは
    読み手としたら味気なく感じる可能性あり。
    あと、終盤突然BGMが入るのは吃驚する。
    先に教えてもらっていても、作品の雰囲気の関係で気が緩んでいるので
    心臓に悪かった。

二話 :明るい(上)、スローテンポ(中)、たのしそうなまったり(下)としたBGM。
    雰囲気に合った選曲と思われる

三話 :明るいBGM
    雰囲気に合ったBGM

全体的に雰囲気をイメージさせやすいBGM。
選曲は良い。 

文字速度
ゆっくり。

感想
まったり重視のためか、展開、文字速度がゆっくり
BGMもそれ用。
まったりがこのみな人にはお勧め。それ以外は避けるが吉。
又夜勤明け、徹夜続きの方は避けることをお勧め。
確実に寝てしまう。

個人的感想
毛玉かわいすぎ。BGMの選曲もいいです。
文章に関して、私は特に違和感などは感じませんでした。
私は結構好きです。見たのもそれほど多いわけではありませんが
幻想入りシリーズで私はこの作品が一番肌に合いました。
これからもがんばってください。期待しています。


少し工夫のあるノベル形式、文章を真ん中に、アイコンを上下に振り分けることによって見やすくしている。
文章力は普通、あっさりした読みやすい文章。
テンポは良い感じ、待ち時間とかも特になく、さくさくと進む。
BGMも特に違和感なし、良い選曲だと思われる。
文章作法、……等はできていなかったが、このノベル形式だとそこまで気にしなくて良いのかも。
物語はまったりほのぼの、毛玉がとてもかわゆい。
のんびりとした雰囲気が好きな人にお勧めできる作品。

シリアス★☆☆☆☆
ほのぼの★★★★★
コメディ★★★☆☆
カオス☆☆☆☆☆

もっさり★★★★★