※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[骨が幻想入り]

[ROSS]

動画リンク

一話


『主人公』

幻想郷に入ったら骨になっていた。原因は不明、紫ではない模様
死んでも他の骨に転生する程度の能力
スペカ使用、ただしスペカルールは未採用

『あらすじ』
気が付いたら妖怪の山、体が骨だけになっていた
文と会話後幻想郷を見て回りつつ帰る方法を探すことに
道中歌う替え歌に定評があるらしい
山田に会うまではまったり展開、その後厨二パワー炸裂

『文章』
上下3行ずつのノベルタイプ
誤字が多いが読むのに辛い部分は少なめ
難しく考えずに読む人にはオススメ

『第1部総評』
前半部分の山田に会うまではギャグ系まったり幻想入り
その後はスペルカードを5枚もらいやや厨二展開が多くなる
三月精を瞬殺してみたりする
チルノに1+1=2を教えたのは結構好印象
ただ紅魔館に着いてからはオリジナル展開(自作小説?からの引用)が始まる
オリキャラ+オリアイテムの登場やクロスの過多等が目立ち始める
自身への設定(記憶が無くなる)はしっかりと反映されていない所や時系列事でないので分かりにくい

東方キャラクターの雰囲気はそこまで崩れてはないが風神録勢はかなりいい加減
デモベな回は個人的には好きだが意見が別れるところでは在ると思う

終番は骨の独走状態
チェンを覚醒してうわまったり
紫が侵攻した月戦争(過去)では一人で月の勢力を半壊に導く

基本的にはギャグ系なのでそこまで悪い内容ではないが
作者の寝ずにUPするという後書きのせいでコメやタグは作者物が多く付きすぎ
前に出すぎている感がする
オリ要素は多いが何も考えずに見る分には楽しめる内容だった

『アナザーストーリー+番外編総評』
アナザーストーリーは幻想郷外の話しになる為東方色は薄め
まぁこんなもんかなって感じ、伏線の回収は出来ていたと思う

番外編は東方シリーズごとでのキャラ登場
可もなく不可もなくな感じ

『番外編後〜ラスト』
幻想郷面子を集めての花見でラストの設定はよかったのだが
大クロス大会みたいになっており視聴者は置いてきぼり感が強い
東方キャラの色も薄めなかんじ
なにより、骨の正体には開いた口がふさがりませんでした…

『第2部』
3人の視点からの異変解決へと向かう話
この辺から作者の迷走は最大ブーストで加速
オリジナルストーリーのオンパレードで正直わけが分からん
バカルテッドが聖域入りは幻想郷外へ東方キャラが入り込むって事だったが設定が分からんから読んでてもツマラナイ…
東方キャラそっちのけになってる印象しかありませんでした
アイコンも酷い。初音ミクやウルトラマンなど何とかしろよ…なのが多い
戦闘シーンには東方サッカーの動画が一部使われています
永遠亭での戦闘あたりで更新がストップ

『新設〜〜』
骨が幻想入りのリメイク版
コメントによって次の話が変化していくアドベンチャー方式?を採用
アイコンから立絵に変わっている
アイデアとしては面白いがコレ完成して最初から全部見ようとしたらドレダケになるんだ…
BADエンドもあったりします
次回作が出てるので更新されるかは不明。あの作者ならやりそうだけど

『とびかげ先生が幻想入り』
ぱっぱら隊の飛影が幻想入りして紫に幻想入り異変をしてみたら?っとアドバイスする話
面白くなかったので詳しい内容は割愛
作者のせいではないが一部のKORが迷惑タグを付けて暴れている模様

『骨夏バージョン』
夏になったので心機一転出直すとの事
まだ2作のみのUPなので今後に期待

『幻想入りキャラクターに骨インタビューに行きます(まだ構想段階)』
絵巻板で話が出ていた内容
作者MADで骨が各地点キャラクターの元を訪れるそうです