※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年表

AD2019  小惑星の衝突により地球が半壊。人類は滅亡する。一部の魔人が国会議事堂で月と移住した。
AD2020  月に移住した魔人の大半が希望崎学園出身だということが判明。賛成多数により月を希望崎帝国と改名する。
AD4345  希望崎帝国において人口増加が問題となる。解決策として地球への移住がはじまる。
AD4345  地球原住民との衝突が起こり、
AD4350  侵略戦争終結。地球が希望崎帝国の領土となる。
AD5481  魔人「津田風香」の特殊能力「フリーザの細胞」により全ての魔人が宇宙空間に生身で生存できるようになる。
AD6753  魔人「奥野幸助」の特殊能力「光」により全ての魔人が超光速で動くことが可能になる。
AD6935  再び人口増加により、太陽系侵略を開始。ひと月足らずで太陽系全てを希望崎帝国の領土した。
AD7254  太陽系では手狭になってきたこととせっかく光の速度で動けるからということで外宇宙移民計画を開始する。
AD7324  いくら光を超える速度で移動できるといってもいちいち飛んで移動することが面倒だということにやっと気づいた政府が矢塚一族の力を借りポータルデバイスをインフラとして整備する。
AD7476  中央研究室が古文書を読み解き禁断の力『空間歪曲』を復活させる。それによりワープ飛行が可能となり移動速度が飛躍的に向上する。
AD7500  銀河系制圧完了。希望崎帝国政府はさらに外の宇宙を目指し進行を開始する。
AD10223  希望崎帝国とアンドロメダ星雲との国交が開始される。
AD15328  アンドロメダ星雲にて大規模な革命が勃発。希望崎帝国は革命鎮定の援助に500億人の魔人を派遣する。
AD15330  革命の鎮定が終了。アンドロメダ星雲は希望崎軍の撤退を要望するが、希望崎軍はアンドロメダ星雲の平和維持の為といってそれを断る。
AD15342  希望崎軍の駐在を不満に思うアンドロメダ星人が軍にテロ行為を行う。テロ行為による死傷者はなかったが希望崎帝国はこれを口実にアンドロメダ星雲侵攻を開始する。(希庵戦争
AD15343  希庵戦争終結。この戦争によりアンドロメダ星雲全てが希望崎帝国の領土となる。
AD15344  新希望崎学園計画可決によって希望崎帝国民の半数がアンドロメダ星雲に移住開始。
AD15360  帝国民が移住完了。
AD15366  太陽系全てが領地というスーパーマンモンス学園「新希望崎学園」が誕生する。
AD18654  人類が宇宙の果てに到着する。
AD22222  新希望崎学園の生徒1名が一夜にして学園を制圧する。その後、彼は自ら銀河番長を名乗り以降4000年にわたり学園に君臨する。
AD26644  銀河番長の支配が終わり、新希望崎学園に自治権が与えられる。これによって番長グループと生徒会という二大政党が誕生する。
AD28761  番長グループと生徒会の小競り合いにより木星が消滅。関係者6名が退学処分となる。
AD30481  番長グループより帝国から独立し、学園による世界征服を行うという案が出されたが生徒会はそれを却下。これにより生徒会と番長グループの対立が本格化する。
AD30482  新希望崎学園にて番長グループと生徒会による抗争が勃発。